いいたて村のスローライフ
までいライフ宣言
いいたて村案内
  場所と概要
  施設
  飯舘村の様子
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
村づくりの特徴と主な事業
いいたて村案内
  お知らせ
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
お店情報
  2016
2015
2014
  2013
  2012
  2011
  イベント
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
  イベント報告
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
ふるさとへ帰りたい
  飯樋ふるさと芸能まつり
  大雷神社例大祭
  綿津見神社
  山津見神社
  村指定文化財
    草野地区
    関沢地区
    八木沢・芦原地区
    大倉地区
    八和木・前田地区
    大久保・外内地区
    比曽地区
    蕨平地区
    二枚橋地区
  歴史的建造物
    伊丹沢地区
    深谷地区
お休み中へ
組合案内
活動報告
  2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
  2008年度
  2007年度
  2006年度
情報履歴
  2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
  2008
  2007
いいたて村のリンク集
お休み中へ

移住のあれこれ
  行政情報
  村に移住したら・・・
  短期移住体験用住宅
  体験日記

相談会などのお知らせ
現在募集中の物件
  土地・建物
  貸家
  企業用地
実際の購入の流れ
不動産の取り扱いについて

までいもの
通販法表記

========================

いいたて村までい企業組合

▼郵便番号
960-1801
▼住所
福島県相馬郡飯舘村草野字大師堂65
▼電話
0244-68-2888
▼FAX
0244-68-2889
▼営業時間
月曜~金曜 8:30~17:00
▼休業日
土・日・祝日、夏季・年末年始
▼URL
http://www.iitate-madei.com
▼Mail
info@iitate-madei.com

田舎暮らし不動産・別荘・リゾート物件を購入する場合、一般的に次のような手順を踏みます。
ぜひ参考にしてみてください。
サイト上で検討
サイト上の田舎暮らし不動産・別荘・リゾート物件等をご覧ください。
その中に気になる物件があったらチェックしておきます。

※サイト上のデータは最新のものをと心がけておりますがデータが古い場合がございますので気になった物件はお気軽にメール等でお問い合わせください。
分からないことは質問する
気になった物件があった方はチェックした物件の疑問や質問があれば遠慮無くお問い合わせてみましょう。
自分が納得がいくまで何回でもお問い合わせしてみてください。
メールで細かなニュアンスが伝えにくい時には、電話やFAXなども活用するのも一つの手段です。
現地確認・視察
やはり重要なのは現地へ行き、ご自分の目で確認することです。
サイト・メール等の方法ではお知らせできることも限られております
ですから、 そこで得たイメージと実際は違うこともしばしばです。
買いなおしなど簡単にできる買い物ではないですし、いくつかの物件をチェックして、それらをじっくりご覧になることをお勧め致します。ただし、好条件の物件等は売れてしまう場合もあるので、そういう物件に関してはお早めに現地確認されることをお勧めします。現地確認・視察のお申し込みはメール等でお申し出下さい。
当日は取扱業者の事務所又は物件近くで待ち合わせることが基本です。
待ち合わせは、確実を期するために、日時と場所を電話で再確認することをお勧め致します。

購入お申し込み
まずは、取扱業者にメール等で申し込みましょう。 そのときにまた現地での説明との違い等ないかなど契約条件・引渡し時期・支払い時期など調整が必要なもの打ち合わせ、契約の日時などの詳細を打ち合わせると良いでしょう。
売買契約
まず、物件に関する重要事項の説明を受けます。すでに現地で説明を受けていることでも、契約の前に書面で確認します。重要事項説明書に納得がいったら契約となります。
契約書には一般的な事項は全て盛り込まれているはずですが、全文を読み合わせて確認して下さい。田舎の物件には宅地以外に山林や農地が含まれることが多い ので、ご自分が予定している使い方が出来るかどうか、再度確認することをお勧め致します。特約が適切に設定されているかどうかも重要なポイントです。
手付け金は売買代金の10~20%程度が普通です。
引き渡し
契約で定められた日時までに売主買主双方が準備を整えて、代金の決済と同時に物件の引き渡しをすることが普通です。まれに代金の支払時期と引き渡し時期がずれる場合がありますが、そのような特殊な場合には行き違いが起こらないように万全を期して下さい。
代金の支払いは現金が原則ですが、遠隔地に持参することは紛失の危険がありますので慎重に行って下さい。
物件の引き渡しは、登記書類と家の鍵の受領によって行います。そのため、引き渡し時には司法書士が立ち会うことが原則です。
手続きは、現地で行うことが基本です。業者事務所、銀行、司法書士事務所などで行います。
アフターサービス
契約に定められたアフターサービスはもちろんのこと、それ以外でも、購入後問題が生じたり、わかないことが発生したら、取扱業者によく相談しましょう。
田舎不動産には、築年数が古いため家の補修は買主負担が条件であったりすることも多いのですが、そのような場合でも相談に乗ってもらうことは可能ですから、早めに対処しましょう。

 
Copyright(C) 2006 iitate-madei.com All rights reserved.