いいたて村のスローライフ
までいライフ宣言
いいたて村案内
  場所と概要
  施設
  飯舘村の様子
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
村づくりの特徴と主な事業
いいたて村案内
  お知らせ
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
お店情報
  2016
2015
2014
  2013
  2012
  2011
  イベント
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
  イベント報告
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
ふるさとへ帰りたい
  飯樋ふるさと芸能まつり
  大雷神社例大祭
  綿津見神社
  山津見神社
  村指定文化財
    草野地区
    関沢地区
    八木沢・芦原地区
    大倉地区
    八和木・前田地区
    大久保・外内地区
    比曽地区
    蕨平地区
    二枚橋地区
  歴史的建造物
    伊丹沢地区
    深谷地区
お休み中へ
組合案内
活動報告
  2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
  2008年度
  2007年度
  2006年度
情報履歴
  2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
  2008
  2007
いいたて村のリンク集
お休み中へ

移住のあれこれ
  行政情報
  村に移住したら・・・
  短期移住体験用住宅
  体験日記

相談会などのお知らせ
現在募集中の物件
  土地・建物
  貸家
  企業用地
実際の購入の流れ
不動産の取り扱いについて

までいもの
通販法表記

========================

いいたて村までい企業組合

▼郵便番号
960-1801
▼住所
福島県相馬郡飯舘村草野字大師堂65
▼電話
0244-68-2888
▼FAX
0244-68-2889
▼営業時間
月曜~金曜 8:30~17:00
▼休業日
土・日・祝日、夏季・年末年始
▼URL
http://www.iitate-madei.com
▼Mail
info@iitate-madei.com
お知らせ履歴
■11.12.27
▼いいたてまでいな復興計画の掲載【12月26日(月)】
  飯舘村役場ホームページに「いいたてまでいな復興計画(1~44P)」が掲載されています。(12/16掲載)

いいたて までいな復興計画①(P1からP6)[PDF:1.79MB]
いいたて までいな復興計画②(P7からP15)[PDF:1.35MB]
いいたて までいな復興計画③(P16からP23)[PDF:0.98MB]
いいたて までいな復興計画④(P24からP30)[PDF:1.67MB]
いいたて までいな復興計画⑤(P31からP34)[PDF:1.70MB]
いいたて までいな復興計画⑥(P35からP44)[PDF:1.79MB]

村が提出した要望書・提案書・協定書・計画書・(写し)【こちら】

■11.12.20
▼号外第22号(平成23年12月20日発行)【12月20日(火)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第22号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、いいたて村民ふれあい集会を開催します
2、いやしの宿いいたて休館のお知らせ
3、村税は金融機関で納付できます

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第22号(平成23年12月20日発行)[PDF:515KB]【こちら】

▼飯舘村のお店情報 【12月13日(火)】
  ▽店舗

■LACCHIR Hair Loungge(旧はる美容院)
「はる美容院」が「LACCHIR Hair Loungge(ラチュール・ヘア・ラウンジェ)」として親子で12月13日オープン。
住所 福島市霞町1-3 信夫ビル1F(福島県立橘高等学校向かい)
営業時間 午前9時から午後7時まで()
連絡先 TEL 050-3636-5703(予約状況の確認もできます)
※送迎希望の方はご相談ください
定休日 定休日:不定休
※年末は12月30日まで休まず

※他にも、避難により他市町村で営業再開している事業所がありますので、今後もお知らせいたします。

■11.12.13
▼飯舘村の様子【12月13日(火)】
「飯舘村の様子」・・・除染作業が始まりました。

「草野地区除染モデル事業」が間もなく始まりますが、現在、飯舘村役場本庁舎を自衛隊の方々が除染作業をしており、見学自由ということで行って見ました。(12/14で作業は終了)

防護服をまとった隊員の皆さんが集中的に作業をされており、立入り出来る状態でもなく、遠方から様子を伺っておりました。樹木も取ってしまうのか?と思っていましたが、芝生や落ち葉と一緒に表土を除去してありました。
「塵も積もれば・・・」放射性物質も集まると大変危険です。風上にいて正解でした。

原発災害後~5月の避難までの高放射能地域に、普段着で歩いていた私達。小中学生の隣町へ就学する為のバス停になっていた所。やはり、危険区域であったのだと、その光景を見て気付かされました。空気中には無くても地面には残っていた・・・目に見えないものが認識できず、恐ろしい感覚であると思いました。
一刻も早く無くなって欲しいものです。


■11.12.11
▼2011年も残りわずか・・・12/11(大震災から9ヶ月)【12月11日(日)】
11.30の夕焼け空

「今年も皆が健康で、良い一年になりますように」
と、いつものように初詣をしたお正月から70日後に「東日本大震災」が起こりました。

以前から宮城沖地震は近い未来に予測され、ハザードマップなども作成されていましたが、まさか?これほどまでに最悪の事態になるとは誰もが思いもしませんでした。

「飯舘村は原発事故さえ起きなければ、災害も少なく普通の生活が出来た」と、村民の誰もが口にし、「何故、風が、雲が、放射能が北西に飛んできたのか?飯舘村に降ってきたのか?」と、天気を恨み、「誰のせいでこんな(避難)生活を送らなければいけないのか?」と、人を憎むようになってしまいました。
「までい」の精神でお互いを助け合い、村を築き、信頼を築いてきたのに、人が散れ散れになり、心まで離れてしまいそうです。

今年は立村55周年の節目でしたが、飯舘村では表彰式典のみ開催されたようです。
5年前・・・平成18年(2006年)に立村50周年記念事業の中に、「十年後に配達される手紙」がありました。この年は組合発足の年でもありました。
その頃には飯舘村にも未来が、夢や希望がありました。
十年後の自分宛に、家族に、大切な人に手紙を書きました。
予定では平成28年(2016年)に届く?・・・あと5年後です。
5年後の飯舘村が、田畑を手入れできる状態になると信じています。

「十年一昔」・・・世の中の移り変わりが激しいことのたとえ。          十年という年月を区切りとして、それ以前は昔のように思われるということ。

十年経ったら悲しい出来事も昔話になってしまいます。
皆さんもこれからでもいいので十年後の未来へ伝える事や、一年の締めくくりに記録を残して下さい。
決して忘れないように、未来へ、子孫へ伝えていってください。

(追伸) 2011.3.11 私の記録
その日は、「移住相談」の移住者が、飯舘村で生活する為の最終説明を当組合で行い、役場へ各種申請のため向かって、無事終了しました、との報告を受けた数分後の出来事でした。

給湯室で片づけをしていた所へ、突然の地響きと揺れが起こり、急いでファンヒーターを止めに事務室へ戻ろうとしましたが、周りがガラス窓で囲まれていた為、今にも割れそうなガラスの音に、腰が抜けたようになり、慌てて机の下へ潜り込みました。 2度目の強い揺れで、電気が全て停電になってしまい、外へ出ようにも出られない状態が続き、その数分がとても長く感じられました。
幸いにして、手元の携帯電話のワンセグでテレビを見られ、世の中で一体何が起きたのか?どのような状態かを確認できました。

「マグニチュード9 宮城沖地震だ!」

当時、事務所の隣では書道教室も行われており、書道の先生が小学生達を誘導し、建物の外に逃げていたので、やっと収まりかけた所で私も外へ飛び出し、皆に地震の状況を伝え、しかしなかなか止まない余震が繰り返し起こり、外にずっといても仕方がない、気圧の変化で雷や、雪まで飛んできたという事で、地震が静かになる度に子供達に帰り支度をさせ、組合事務所もそのまま閉めることにしました。

私の家は築100年程(?)の古民家で、茅葺から瓦にしており2階を増築してあったので、もう倒れているか?と心配で急いで帰りました。在宅介護の90歳になる祖母が1人でいたからです。
家の中の揺れは、家ごとしなるように揺れていましたが、何とか建物は無事でした。

中学生の姪が、今日は運良く(というべきか・・・)卒業式だったので、午前中で終わって帰っていました。
祖母に何枚も毛布をかけて、2人で身を寄せ合っていました。
また強い地震が起こるか判らないので、祖母を中学生の姪と連れ出し、とりあえず車に乗り、建物が倒れない場所へ移動しました。

道路の脇に車を止めていると、車が次々に同じ方向へ向かっていました。(おそらく小学校へ子供を迎え)
消防車も緊急時に備えてか?サイレンを鳴らし、出動していました。
みんながパニックになって走っている様、電柱がしきりに揺れる様をボーッと見つめ、このままどうなってしまうのだろうという思いで、1時間ほど、車に乗って地震の情報を聞いていました。

しかし、飯舘村は停電したまま、闇に包まれてしまう。
少しずつ地震が静かになったため、家へ戻り、割れた食器棚のコップを片付け、懐中電灯やロウソクを探して、寒いので掘りゴタツに練炭を入れ、あまり使用していなかった石油ストーブ(上にヤカンを置けるタイプ)を奥から出してきて暖を取りました。
ガスも何とか地震を気にしながら使えました。いつでも外へ飛び出せるように下炉(玄関に近い部屋)で寝ていました。それから集団避難までは同じ生活でした。

その間に日本が、福島が、飯舘村が大変な事態になっていたとは・・・。

「不幸中の幸い」だったのは水道が停電のため、浄水場が機能しなくなるので水を汲み置きしろ、との案内があった事、米や大根、白菜など越冬野菜を外では凍みてしまうので台所に保存しておいた事、それが内部被曝せずにすんだ、と後で思いました。
また、テレビが見れるようになってから原発災害の被曝を防ぐ「外出は控える、家の中でもマスクをする、洗い流す等」をきちんと守っており、スクリーニングや様々な被曝検査も受けました。
すべて「ただちに体に影響を及ぼす値ではない」でした。

今も仮設住宅や制限のある生活で、窮屈な思いで毎日を過ごしています。
それでも、こんな時に思うこと・・・
「3.11までの平凡な生活が毎日身に沁みて大切に感じ、次々に訪れる皆さんからの心温まるメッセージや支援も有難く受け入れ・・・もし他の誰かが次に大変な目に遭った時には、そっと支えてあげたい」

皆さん一緒に元気になりましょう!!
毎日、笑顔でいるのはなかなか難しいけれど、時々泣いて、また昔のように笑い合いましょう。

2012年の初詣には「今年こそ良い一年になんて欲張らないから、毎日が平凡な普通の生活に戻れますように、これ以上悪いことは決して起きませんように」と、お祈りします。

■11.12.07
▼号外第21号(平成23年12月5日発行)【12月6日(火)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第21号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、食品の放射性物質を測定します
2、「やまゆり保育所」入所児童募集のお知らせ
3、平成22年度卒園・卒業式のお知らせ

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第21号(平成23年12月5日発行)[PDF:592KB]【こちら】

▼平成22年度卒園・卒業式のお知らせ【12月25日】
  東日本大震災のため延期になっていました平成22 年度草野幼稚園・飯樋幼稚園・草野小学校・飯樋小学校・臼石小学校の合同卒園・卒業式を下記のとおり開催します。
村民の方ならどなたでも参加できますので、ぜひお出かけください。


日時 12月25日(日)
午前9時30分から正午まで
会場 川俣町中央公民館
内容 卒園・卒業式と卒業記念コンサート
お問い合わせ 飯舘村役場 教育課
024-562-4257

■11.12.02
▼年末年始の組合事務所閉所のお知らせ【12月29日(木)~平成24年1月3日(火)】
  年末年始の組合事務所を12月29日(木)~平成24年1月3日(火)まで閉所致します。

今年は色々な出来事がありましたが、大変お世話になりました。皆さんからの暖かいお言葉、励ましを決して忘れません。

来年も事業継続して頑張っていきますので、引き続き宜しくお願い致します。

■11.12.01
▼飯舘村のお店情報 【11月30日(水)】
  ▽店舗

■中華琥珀 ~11/27オープン~
住所 福島市松川町金沢字麦地石1-1
営業時間 11:00~22:00
連絡先 TEL 024-567-5657
定休日 毎週月曜日

■オートショップ・山田 川俣店(中古車販売・車検) ~11/25オープン~
住所 伊達郡川俣町字柏崎79-2
営業時間 9:30~18:00
連絡先 TEL 024-573-2988
定休日 毎週月曜日、第3日曜日

■美容室 ジュン ~11/25オープン~
住所 伊達郡川俣町字柏崎79-2
営業時間 9:30~18:00
連絡先 TEL 024-573-2235(予約制)
定休日 毎週月曜日、第1・3日曜日

※他にも、避難により他市町村で営業再開している事業所がありますので、今後もお知らせいたします。

■11.11.21
▼飯舘村のお店情報 【11月18日(金)】
  ▽製造業
■(有)佐藤石材
住所 福島市下鳥渡字新町36-1
連絡先 TEL 024-573-6148
FAX 024-573-6184
定休日 毎週日曜日

▽店舗
■えん(レストラン)
住所 相馬市中村字塚田59-1
営業時間 11:00~14:30、17:30~22:00
連絡先 TEL 0244-36-8387
定休日 毎週月曜日

※他にも、避難により他市町村で営業再開している事業所がありますので、今後もお知らせいたします。

■11.11.14
▼号外第20号(平成23年11月11日発行)【11月14日(月)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第20号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、東京電力相談窓口の開設について
2、11月20日は福島県議会議員一般選挙の投票日です
3、きこり、あい・らぶ・湯の利用券・回数券等の払い戻しについて

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第20号(平成23年11月11日発行)[PDF:300KB]【こちら】

▼震災復興支援コンサートの御案内 【11月24日(木)~25日(金)】
  松川町商工会では、避難されている方々や被災された方々を音楽で癒し、心の復興を支援するため、次の日程で震災復興支援コンサート

~「被災地に音楽を」励ましあって生きていこう~

を開催します。

出 演 日本フィルハーモニー交響楽団:弦楽四重奏団
(ヴァイオリン2名・チェロ1名・ヴィオラ1名)
日時・会場 ▽11月24日(木)
午後6時30分から7時30分まで(午後6時開場予定)
福島市飯野町境川19-2
「飯野学習センター」
▽11月25日(金)
午後1時30分から2時30分まで(午後1時開場予定)
福島市松川町淺川字笠松11-2
「福島市南体育館」
入場料 無料(事前申込は不要です)
その他 各会場とも、寒さ対策をお願い致します。また、11月中旬に、開催チラシを新聞折り込みする予定です。
お問い合わせ 松川町商工会(024-567-2265)

■11.11.11
▼東日本大震災から8ヶ月が経ちました【11月11日(金)】
朝夕の寒さが日々厳しくなる飯舘村も紅葉が少しずつ色あせ、やがて真っ白な世界に包まれます。

・・・全て真っ白に、現実でなく夢であればいいのに・・・語ると口々にそんな言葉が聞こえます。

除染計画はモデル地区としてまず飯舘村草野地区から始まります。

草野地区は村営住宅もあり、村内で一番多い世帯数(平成23年3月で約260世帯)の地区で、県道12号線沿いに官公署、公共施設、金融機関、学校、企業も多く立ち並ぶ、産業の中心部でもある地区です。(役場は老朽化により平成6年にセンター地区へ移転しました。)放射性物質のモニタリング数値も現在では毎時3~4マイクロシーベルトと、飯舘村役場周辺よりはやや高い数値です。

忘れもしない3月12日の夜、県道12号線は双葉郡からの避難車輌で数珠繋ぎとなりました。飯舘村民は当時停電中で、情報も判らず一体何事が起こったのか?と思っていたと、あとで聞きました。まさか、ここまで原発災害が影響するとは、誰もが考えていませんでした。

その福島第一、第二原発の原子炉全ての廃炉を福島県議会が決めた事に、一安心するとともに、次のステップを県民みんなで考えていかなければいけません。

11月20日(日)は福島県議会議員一般選挙投票日です。
県民の皆さん、福島県の未来の為に必ず投票しましょう。

今年は遠隔地に避難されている方は、避難先の市町村で不在者投票をする事が出来ます。
県外に避難されている方は、事前に避難先の市町村の選挙管理委員会へお問い合わせ下さい。

■11.11.08
▼「いいたて までいな復興プラン庁内委員会報告書」が役場ホームページに掲載されております【10月13日(木)】
  みんなで創ろう 新たな「いいたて」を ~「までいの力」を結集して~

私たちは、これまで「までい」に生きてきました。
これからは、より力強く、より明るく、よりしたたかに、「までい」に生きていく 新たな「いいたて」を目指します。
そのために、もう一度、村のうちそとの「までいの力」を結集し、新たな村づくり を進めます。
(資料より一部抜粋)

いいたて までいな復興プラン町内委員会報告書【こちら】

■11.11.07
▼飯舘村の様子【11月7日(月)】
「飯舘村の様子」・・・11/1 紅葉


■11.10.26
▼号外第19号(平成23年10月25日発行)【10月26日(水)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第19号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、11月20日は福島県議会議員一般選挙の投票日です
2、自動車税納税証明書に関するお知らせ
3、JAそうま飯舘総合支店からのお知らせ

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第19号(平成23年10月25日発行)[PDF:537KB]【こちら】

▼「人のやさしさ み~つけた」写真コンテストの実施 【平成24年1月20日(金)】
  「思いやりの心」「人へのやさしさ」をみつけよう!!
~あなたの写真でいいたてむらにあふれるやさしさ~

飯舘村は現在、「までいライフ」という言葉を合言葉に、村づくりや人づくりを進めています。
大切な家族や友だちなどの人物、花や木、物など日常的に身近にあるもので、自分の目で捉えた「思いやりの心」「人へのやさしさ」を感じる姿や物なら何でもOKです。
その時に感じた「思いやりの心」「人へのやさしさ」を心にも写し、メッセージを添えてご応募ください。
応募資格 【小学生の部】 小学3年生~小学6年生
【一般の部 】 趣旨に賛同していただける方
応募締切 平成24年1月20日(金)
お問い合わせ 飯舘村教育委員会 生涯学習課
〒960-1301
福島市飯野町字後川10-2
TEL 024-562‐4240

▼冬期間における水道管凍結防止対策について【10月26日(水)】
  計画的避難区域により自宅で生活を出来ない方は、これから迎える冬期に向けて自宅の水道管等の凍結防止対策を行う必要があります。

1.必ず給水管の水抜きをして下さい。
※水抜き栓を開けてすべての蛇口を開けて下さい。通水する時はすべての蛇口を閉めて水抜き栓を閉めて下さい。

2.凍結防止ヒーターがある場合は、コンセントを入れ、ブレーカーは全てONにして下さい。
※計画的避難区域においては、申し込みをすれば東北電力からの電気代は請求されませんのでご確認下さい。

3.便器に毛布などを掛けて便器の下に溜まっている水の凍結防止を行って下さい

4.給湯器も忘れず水抜きをして下さい。

5.戸締りはきちんと確認して下さい。

※村の簡易水道を利用されている方で、冬期間は自宅の水道を使用しないという方は、村で水道を止めますので申し出て下さるようお願いいたします

▽担当
飯舘村飯野出張所 産業振興課建設係
TEL 024-562-4218

▼飯舘村のお店情報 【10月26日(水)】
  ▼店舗の移転情報
集団仮設店舗建設による仮設店舗への移転~10月23日(日)よりオープン
場 所 福島県伊達郡川俣町飯坂字下中居26-5
(川俣高校前セブンイレブンから㈱日ピス福島製造所に向かう途中の左側です)

▽店舗
「大澤自動車」
連絡先 0244-42-0098(転送)
080-2810-3923(携帯)

▽店舗
「理容さかもと」
営業 午前9時から午後8時まで
(土、日は午前8時30分から)
連絡先 0244-42-0314(転送)
080-1669-6131(携帯)

■11.10.14
▼飯舘村のお店情報 【10月14日(金)】
  「ラーメン居酒屋 味処エンドー」9/27より移転オープンしました!!

飯舘村草野のエンドー食堂さんの「みそらーめん」が復活☆
▽店舗
「ラーメン居酒屋 味処エンドー」   
営 業 (昼)午前11時~午後2時
(夜)午後5時~午後11時
定休日 毎週火曜日
場 所 〒960-0616
伊達市保原町6丁目4丸松ビル1階(国道349号線沿い)
電 話 024-576-7083

▼「農商工連携“UFOの里”復興祭~ガンバッペ!いいたて&いいの」開催 【11月3日(木)】
  飯野町商工会まちづくり検討委員会主催のイベントが開催されます。
飯舘村からは「気まぐれ茶屋ちえこ」さん、「までい工房美彩恋人」さんが出店予定。

日 時 平成23年11月3日(木)文化の日
午前10時~午後3時
場 所 福島市飯野町字境川19-2
「飯野学習センター」前道路

▼東京電力(株)福島原子力補償相談窓口移設のご案内【10月11日(火)~10月28日(金)】
  10/11(火)より東京電力(株)福島原子力補償相談窓口が「いいの交流館」から「飯野学習センター大久保分館」に移設しました。
期間 10/11(火)~10/28(金)
開設日 毎週 月~金 曜日
時 間 9:00~16:00
相談内容 一般・商工業・農業相談
場所 飯野学習センター大久保分館 研修室2
住所 福島市飯野町大久保字岩見内17
ちらし
こちら】(PDF)

■11.10.12
▼山津見神社・例大祭(山御講)のお知らせ【11月12日(土)】
  「山津見神社・例大祭(山御講)」は毎年、旧暦の10月15~17日に行われておりましたが、今年は計画的避難区域の為、神社では縮小して、11月12日(土)最終日のみの御祈祷受付となるそうです。

山の神(大山津見神)をおまつりして拝み、毎年「産業の神様」として、大勢の参拝客が訪れておりました。「産業の神」のほかにも「交通安全の守り神」、「海幸の神」、「良縁を願われる神」、「安産」、「酒の神」、「狩猟の神」としても知られています。
また、山の神の御使いである「白狼」が御本社前に座っており、例年では七五三参りや紅葉狩りで賑わう時期ですが、しーんと静まり返った神殿は、とても神秘的で自然のパワーを貰った感じでした。

■11.10.11
▼大震災から7ヶ月【10月11日(火)】
    度重なる台風の被害によって亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆さんに、心からお見舞いを申し上げます。
本当に天災にはなす術がないというしかありません。
台風による飯舘村での被害はほとんどなく、報道で見る辛い光景は本当に実際に起きている事なのか?
自分達も避難生活を送っているのに、心配してしまいます。
早く復興出来る事を祈るばかりです。

お月見もお彼岸も終わり、すっかり秋が深まって飯舘村も紅葉シーズン到来です。
吾妻山にも早すぎる初冠雪の便りが届き、これから紅葉狩りの観光で盛り上がる福島の山々も驚いた事でしょう。
3.11大震災の日も寒かった…まだ若葉も出ない、春彼岸前の出来事でした。

そしてまた、寒い季節がやってきます。飯舘村の冬はとても長く感じられます。
村民の皆さんも長引く避難生活になりますが、今年の冬はいつもより暖かな地域で暮らしているので、厳しい寒さを忘れてしまいそうですね。
県内でも有数の、氷点下の最低気温が報じられる飯舘村ですが、その厳しい寒さが好きで暮らしている方々もいます。凍み餅や凍み大根の食文化が出来たのも寒いところでないと上手く凍みないそうです。今年はそんな風景もお休みです。

除染計画も早い結果が出ることを願うばかりです。
本当に早く、暖かい春が、未来への夜明けが、心地よい高原の春風とともに飯舘村にやってくるといいですね。

◎4月以降、横ばいの放射線モニタリング数値(文部科学省ホームページ) 【こちら

▽2007年の稲刈り風景

▼号外第18号(平成23年10月7日発行)【10月11日(火)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第18号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、平成22年度卒園・卒業式のお知らせ
2、平成23年度(平成22年度)村県民税等申告相談のご案内
3、村内全戸ホームセキュリティの再募集について

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第18号(平成23年10月7日発行)[PDF:341KB]【こちら】

■11.10.03
▼除染計画書の掲載【10月3日(月)】
  飯舘村が提出した除染計画書を役場ホームページに掲載しました。

飯舘村 除染計画書【こちら】

■11.09.21
▼号外第17号(平成23年9月20日発行)【9月22日(木)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第17号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、国民健康保険被保険者証の更新について
2、県民健康管理調査に係る甲状腺検査の実施について
3、相馬看護専門学校学生募集

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第17号(平成23年9月20日発行)[PDF:483KB]【こちら】

■11.09.20
▼松川サポート拠点デイサービス10月オープン!
  「住み慣れない仮設住宅の生活の中で、高齢者にとって「身体機能の衰え」と「孤立化」が問題となっている為、在宅生活で介護が必要な方はもちろん、要介護認定を受けていない健康な高齢者においても「日々の生活の質」を維持する為に、「松川仮設住宅」内に「いいたてクリニック」職員を中心とした、サポート拠点デイサービスが10月から始まります。

○サポート拠点でおこなうこと
1. デイサービス(要支援、要介護の高齢者の入浴、食事、機能訓練、レクリェーションの提供など)
2. 健康・身体機能維持(介護予防のトレーニングなど)
3. 地域交流づくり(社会福祉協議会や地域包括センター、学生ボランティア等による健康講演会やイベントなど)
問合せ: 社会医療法人 秀公会
024‐546-3911(担当:奥出)

▼絆つながる「までいな一日」開催【9月19日(月)】
  「までいな一日」では、涼しい1日となりましたが、仮設住宅の駐車場とは思えないほど、素晴らしい舞台と、また沢山のボランティアの皆さんのお手伝いによる大イベントで、とても有難く思いました。
散れ散れになった飯舘村民が集まり、「どこへ避難しているの?」、「元気だった?」など、お互いの近況を話し合う、久しぶりの和場(なごみば)となっていました。

■11.09.12
▼絆つながる「までいな一日」の御案内【9月19日(月)】
  飯舘村では分散、離散している村民の絆を深め、地域との交流を図るイベント「までいな一日」を開催致します。

日時 平成23年9月19日(月曜・敬老の日祝日)
会場 福島市松川工業団地内 飯舘村仮設住宅駐車場
住所 福島市松川町金沢土戸目喜3
時間 午前11:00~17:00(入場無料、小雨決行)
主催 いいたてまでいな1日実行委員会
問い合わせ 飯舘村役場飯野出張所 生涯学習課
024-562‐4240
 
イベント詳細は、役場ホームページをご覧下さい。
ホームページは【こちら】

▼飯舘村の様子【9月8日(木)】
「飯舘村の様子」・・・9/8

「白露…野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。」

そんな心地よい風景を撮影しようとしましたが、思いがけず、事務所敷地内にある花に目を向けると、「蕎麦の花」が草地に咲いていました。畑に、ではありません。
夏蕎麦は梅雨時期には開花し始めたのですが、肥料不足と膨大な雑草に負け、消えてしまいました。
きっと、秋蕎麦も…。そう思っていたのですが、こんな所にも咲くんですね。
ここは、そば刈り機械もあったので、種がこぼれて土のあるところへたどり着き、可憐に咲いたのでしょう。(写真)
花の下には緑色の蕎麦の実がついていました。来月には収穫できるでしょうか?
事務所には「タチアオイ」や「ユリ」までこぼれて咲くんですよ。
それだけ花に囲まれていた飯舘村である、ということでしょうか?

■11.09.02
▼号外第16号(平成23年8月30日発行)【9月2日(金)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第16号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、子育てプリペイドカード交付事業案内
2、平成23年度福島県奨学生追加募集のお知らせ
3、がんばっぺ!!飯舘 絆 松川夕暮れコンサートのお知らせ

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第16号(平成23年8月30日発行)[PDF:506KB]【こちら】

■11.08.31
▼東日本大震災から半年・・・【8月31日(水)】
 
  季節は早春から早や半年が経ち、飯舘村は涼しい秋に変わってしまいました。

 カレンダーの9.11には「二百二十日」と記されていますが、秋の季語であり、「農家の三大厄日」といわれ、その日が台風などなく無事にすめば、その年が豊作になるとのこと。
黄金色の田園風景が10月には見られるはずの飯舘村でしたが、今年の田んぼでは?

 「放射能除去実験」の為に、某大学や関係機関のアドバルーンや、大型クレーン等が出没し、固化剤で農地を固めたり、剥ぎ取ったりと、様々な活動をしている様です。
「国挙げての除染作業」であり、飯舘村ではかつてない、技術者による国家プロジェクトが行われています。

 「緊急時避難区域」の南相馬市でも、学校の校庭や花壇、砂利の駐車場まで全て除染作業を行っており、また田園には、沢山の黄金色の「稲穂」ではなく、「ひまわり」が一面に咲いていました。
農家の方には申し訳ないのですが、本当に美しい田園風景でした。
1本1本、上を向いて輝いており、私達も早くそんな風に太陽を見上げて輝きたい、そう思いました。

 しかし、現実は故郷を離れての、仮設住宅や街中での借家生活です。
村民の方も「村の様子や情報が入ってこない」、「解釈が違って話が伝わる」等、ばらばらになったネットワークを集約するのも一苦労のようです。

 そんな時にまた震度5近くの地震も発生しております。
屋根瓦の壊れた家屋や、避難先の仮設住宅までも雨漏りし、不安のない所に越したはずが…また、些細な事ですが、雨が降るたび、台風が来るたびに不安に悩まされ続けています。
本当に「いつまで?」の避難生活なのでしょうか?
飯舘村では11月を過ぎると、初雪の便りも出てきますので、このままではすぐに新年になってしまいそうです。

 国外では、サッカーの野次で「ふくしま、ふくしま」の連呼のニュースに驚きました。
本当に悲しみと、ただ、ただ、情けない想いでした。「私達は被害者」とばかり思っていたからでしょう。
「ふくしま」が、「日本」が、海外にも「放射能物質」を振りまいた、等のバッシングに愕然としました。

 いつまでも、義援や応援に頼ってばかりではいけない、人が起こした惨事は、人が知恵を集めて解決するしかない。
福島から、飯舘村から、早急な「解決策」と「平和」を発信していかなければならない、と強く感じました。

■11.08.30
▼飯舘村のお店情報 【8月30日(火)】
  ▽店舗
■マクロビオティックレストラン「なな色の空」
住所 三重県伊賀市高尾床並861
電話 080-1619-3862(真平)
  080-1619-3803(日苗)
ホームページ【こちら】
私たち(村上真平、日苗、美月、空美、日那)は現在、上記の住所に避難しています。

▽石窯の作り方の講習会【9月6日(火)~11日(日)】
2011年9月6日(火)~11日(日)5泊6日の日程で奈良市月ヶ瀬温泉アウルにおいて、石窯の作り方の講習会を開きます。
詳しくは上記までお問い合わせ下さい。

■11.08.29
▼飯舘村の放射線量の情報4/25~(文部科学省)【8月29日(月)】
  こちらのホームページのアドレスが8/8から下記に変更になりましたのでお知らせいたします。
変更後のホームページアドレスは以下の様になっております。

変更後のホームページ【こちら】

▼飯舘村のお店情報 【8月29日(月)】
  ▽店舗
■飯舘村いこいの家 ゑびす庵
営業 11:00~15:00(15:00以降は予約制)
定休日:火曜日
住所 福島市荒井字横塚3‐179
電話 024-563‐7605
今朝のフジテレビで、飯舘村の手打ちうどん店「ゑびす庵」が放映されました。
7月16日から福島市で営業再開しております。

■自家焙煎珈琲 椏久里
営業 9:30~19:00、定休日:火曜日
住所 〒960-8055
福島市野田町六丁目194‐8
電話 024-563‐7871
FAX 024-563‐7887
7月1日よりオープン。地域限定配達や地方発送も行っております。
※8/29(月)~9/2(金)夏季休業です。
木曜日 相馬市、南相馬市、伊達郡川俣町、福島市飯野町方面
月・金曜日 福島市、伊達市方面

▽工場
■(有)高橋製作所
住所 福島市立子山字紙屋13
電話 024-561‐5277
FAX 024-561‐5278
業種 プラスチック・FRP加工

※他にも、避難により他市町村で営業再開している事業所がありますので、今後もお知らせいたします。

■11.08.17
▼号外第15号(平成23年8月15日発行)【8月17日(水)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第15号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、飯舘村本庁業務の内容が変わります
2、飯舘村敬老会の開催について
3、借り上げアパートの方対象の支援物資提供のお知らせ

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第15号(平成23年8月15日発行)[PDF:313KB]【こちら】

■11.08.04
▼事務所閉所のお知らせ 【8月11日(木)】
  計画的避難のため、8/15日(月)に事務所を閉所致します。
ご迷惑をおかけ致します。
移転場所は決まり次第お知らせいたします。

▼震災から5ヶ月 【8月11日(木)】
   お盆を迎える時期になりましたが、東北地方の田舎に帰省する親戚の方々も、今年の夏は寂しい想いでいらっしゃると思います。
「計画的避難区域」の飯舘村。
  政府のニュースレターでは、「住民の一時的な立入りや、町村により事業継続が認められた事業所での勤務のための立入りを除き、原則として立入りは認められません。」となっています。
  また、「不要な被ばくを防ぐ為、不要不急の立入りは控えていただくとともに、宿泊は決して行わないで下さい。」という観点からすると、先祖の供養も出来ないのが実情です。本当に健康が第一です。
  しかし「警戒区域」ではないので、車の通行には制限はありませんので、お墓参りの際は、火の取扱いに充分ご注意いただくようお願い致します。

  避難になってから、飯舘村では痛ましい「交通死亡事故」や「落雷による建物火災」などが起きています。
  これから秋にかけて、田畑の荒れた雑草などがそのまま枯れた状態になり、山火事など起きてしまっては大変です。
  くれぐれも、タバコの投げ捨て、ゴミももちろんですが、決して捨てないで下さい。

  本当に荒れ果てた農地を見ると悲しいです。やはり、手入れ・管理された農地や道路、家の周りなど…毎日の積み重ねなんですね。住民がいなくなってしまい、飯舘村は昔の自然の姿に帰り始めています。
  夏休みの頃は、毎日のように明け方早くから草刈り機の音が響き渡っていましたが、みんな仕事前、朝飯前の草刈りだったのです。日中~夕方では日差しが照りつけ、汗が滝のように流れ、ハチや蛇もたくさん出没します。
  そんな夏らしい光景も音も今年は聞こえません。セミだけが寂しそうに鳴いています。

  相双地方(福島県浜通りの北側)の子供達の夏休みは、外出が制限されており、虫取りや釣りに出かけたり、庭でのプールやバーベキュー、花火、流しそうめん、スイカ割り(うちだけ?)ができない、蛍も見に行けない、田舎の夏の風物詩が悲しいほど思い出になっています。
  「緊急時避難区域」が解除になるという事で、浜通りへ戻られる方もいらっしゃると思います。
海側の道路沿いは通行できる所もありますが、津波などのガレキ処理がまだ手付かずで、細かい廃材やガラスの破片等ありますので、車での立ち入りは充分ご注意願います。本当に現実に起こったのか?と愕然とする、凄まじい光景です。

  そんな中、少しだけ希望が持てるニュースもあります。
「村民の内部被ばく調査結果」で「セシウム134及び137による内部被ばくについて、合計しても1マイクロシーベルト未満」と結果が出ており、相当に低いと評価できると発表されました。ホールボディカウンター検査はまだまだこれから沢山の方が受診しますが、一生涯の検診を望みます。

▼飯舘村の様子【8月11日(木)】
飯舘村の様子・・・二枚橋地区・県道沿いのひまわり畑


■11.08.04
▼号外第14号(平成23年8月1日発行)【8月4日(木)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第14号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、村民の内部被ばく調査結果の発表がありました
2、介護保険サービスの利用負担等の支払いが免除されています
3、村の総合健診のお知らせ

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第14号(平成23年8月1日発行)[PDF:511KB]【こちら】

▼飯舘村の放射線量の情報4/25~(文部科学省)【8月4日(木)】
  文部科学省のデータで飯舘村内の空間線量率が掲載されておりました。

▼東京電力株式会社福島第一原子力発電所の20Km以遠のモニタリング結果(葛尾村、飯舘村を含む)[平成23年8月4日(木曜日)18時00分時点](PDF:670KB)【こちら】

上記モニタリング結果は8月4日時点ですが、 毎日更新されていますので詳しくはホームページを御覧ください。
PDFファイルの中に飯舘村の線量グラフが掲載されています。
ホームページは下記のページです。
東京電力株式会社福島第1及び第2原子力発電所周辺のモニタリングカーを用いた固定測定点における空間線量率の測定結果 :文部科学省【こちら】

また積算線量測定マップ(推定)が発表されておりました。

▼積算線量測定マップ(推定値)

参考まで、当組合の事務所内は0.4~0.6マイクロシーベルト/hです。

■11.07.27
▼飯舘村の様子【7月25日(月)】
飯舘村の様子・・・二枚橋地区のヒマワリ畑


■11.07.21
▼5月まで移住していた方からの手紙【7月21日(木)】
  村の動向、見通しは少しは見えているのでしょうか
こどもたちは夏休みはあれこれ少し楽しい企画とかあるようですが、ここまで時がすぎ、こどもたちの様子はどうですか
二学期以降も川俣町での間借りの学校生活は続くのでしょうか
生活の場所と学校が離れての通学等こどもたちも慣れない生活、不安定な生活、この先も続くのですね
住まいもばらばら、みんなをつなぐ支えになるものがあるといいのですが、みんなでこの子たちを守っていかなくてはなりませんね
村の人たちはこれからも大変ですね
今はただ遠くから案じているばかりです
暑くなります
生活が変わります
今を考え、明日を考えしっかり生きていかねばとおもっています
とくに3.11からは、”飯舘村のいま” が、すべての原点に立ち返らせてくれます。
飯舘村と出会うことがなかったら、3.11からのことこんなに真剣に深く考え想うことはなかったとおもいます。
ここに原点があると、生き直すスタート地点、時間をもらったような気がしています。
飯舘村の地に住むことはかなわない現実にあっても、飯舘村はやはり私たちのこころのよりどころとなっています。

■11.07.20
▼「がんばっぺ!ホコ天 飯舘・飯野復興祭」【7月31日(日)】
  飯舘村ではもう夏まつりのイベントが開催できないと思っていましたが、福島市飯野町の中心市街地で復興祭が開催されます。

飯舘村佐須地区の「虎捕太鼓」やYOSAKOIチーム「いいたて愛」と、飯野町の「阿武隈踊り隊」の夢の競演が実現します。
模擬店や、花火大会もあるそうですので、夕涼みを兼ねながら、復興を祈願しましょう!

日 時 平成23年7月31日(日)午後5時~10時
場 所 福島市飯野町イベント広場
(飯野町字町5-1から飯野町字町97までの歩行者天国実施区間)
地 図
大きな地図で見る
(駐車場:福島市役所飯野支所、商工会、飯野UFO交流館、学習センターなど)
問い合わせ 飯舘村商工臨時事務所
(飯野商工会内TEL024-561-2230)
イベントスケジュール
<イベント広場>
17:00~ 通行止め・開場
17:20
~17:35
開会式
17:40
~18:10
オープニングセレモニー
(虎捕太鼓:飯舘村佐須)
18:15~ フラダンス(飯野フラクラブ:飯野町)
  〃   (UFOフラクラブ:飯野町)
19:00~ よさこい踊り(いいたて愛:飯舘村)
   〃   (だてまちYOSAKOI踊り隊:伊達町)
   〃   (阿武隈踊り隊:飯野町)
   〃   (3団体共演)
20:30
~21:30
抽選会
※飯舘村民の方には、お一人様5枚の抽選券を進呈、電動自転車やペア宿泊券など豪華賞品が当たります!

<飯野郵便局前>
17:00
~20:00
サブステージライブ
(飯野ミュージックサークル)
20:00
~20:30
花火大会
▼昨年の飯野町歩行者天国のイベントの様子
【こちら】

■11.07.19
▼号外第13号(平成23年7月15日発行)【7月19日(火)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第13号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、後期高齢者医療被保険者証、国民健康保険高齢受給者証更新のお知らせ
2、消防職員募集のお知らせ
3、民間の賃貸住宅を県の契約に置き換える措置の実施状況について

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第13号(平成23年7月15日発行)[PDF:483KB]【こちら】

■11.07.12
▼飯舘村の様子【7月12日(火)】
飯舘村の様子・・・梅雨明け

紫陽花は水分不足のようです。

▽笠石(11.07.12)

▽草野赤坂(11.07.12)

一年前はこんな感じでした。
▽蕎麦とトルコ桔梗(10.09.13)

▼東日本大震災から4ヶ月【7月11日(月)】
   7月11日 毎月11日が過ぎるたび、あの日の寒い、すさまじい地震の恐怖を思い出してしまいます。
そしてまた昨日も、「津波情報」に怯える一日になってしまいました。
いったい、いつになったら、余震が治まるのでしょうか?
原発災害でも、地震が来るたびにまた遠くへの避難先を心配してしまいます。

 一次避難所での飯舘村民の生活状況も聞こえてきます。
仮設住宅へ行った方は、異臭や騒音等で具合の悪くなる方もいたり、農作業が出来ないストレスで認知の心配もあるそうです。
これからの猛暑・酷暑も凌げるのでしょうか?

 いつもの小鳥がさえずる清清しい朝の空気や、広々とした庭や敷地に囲まれながら、清らかな水と土を触って、毎日が癒しのような自然と一緒に生活してきた村民。
本当に心労、心痛も重なり、またいつ戻れるのか?という将来の見えない不安な毎日をどう乗り越えていくのか?
やはりコミュニティー(地域社会)をなくしてはいけないと思います。
仮設住宅はある程度、地域ごとにまとまって生活できるという配慮もあり、人と人が支えあいながら生活していく事が本当に大事な事だとわかりました。
避難で別々の生活になってしまった家族も、今回ほど「強い家族の絆」を再確認したと思います。

これからの飯舘村の為、日本の為に、また子供達の未来のために、するべき事は何か?一人一人が考えながら生きていく、そんな毎日です。

▼「がんばっぺ!ホコ天 飯舘・飯野復興祭」【7月31日(日)】
  飯舘村ではもう夏まつりのイベントが開催できないと思っていましたが、福島市飯野町の中心市街地で復興祭が開催されます。

飯舘村佐須地区の「虎捕太鼓」やYOSAKOIチーム「いいたて愛」と、飯野町の「阿武隈踊り隊」の夢の競演が実現します。
模擬店や、花火大会もあるそうですので、夕涼みを兼ねながら、復興を祈願しましょう!

日 時 平成23年7月31日(日)午後5時~9時
会 場 福島市飯野町メインストリート
問い合わせ 飯舘村商工臨時事務所
(飯野商工会内TEL024-561-2230)
▼昨年の飯野町歩行者天国のイベントの様子
【こちら】

■11.07.07
▼号外第12号(平成23年7月6日発行) 【7月7日(木)】
  飯舘村役場からの飯舘村 震災関連情報サイトに広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第12号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、平成23年度村県民税の納税通知書の発送延期について
2、医療費一部負担金還付のお知らせ
3、医療費一部負担金の免除について

飯舘村 震災関連情報サイト【こちら】

号外第12号(平成23年7月6日発行)[PDF:492KB]【こちら】

■11.06.30
▼飯舘村内の郵便局窓口業務及び集配業務の休止のご案内【6月30日(木)】
  飯舘村村内の郵便局は7/1(金)より窓口業務及び集配業務が休止となります。

「飯館郵便局」「飯曾郵便局」「二枚橋郵便局」「大倉簡易郵便局」「小宮簡易郵便局」

※受取人さまから、避難先届・転居届が提出されている場合は転送します。

詳細は日本郵便ホームページをご覧下さい。

▽日本郵便からのお知らせ【こちら】

▽郵便物・ゆうパック等の取扱い【こちら】

■11.06.17
▼号外第11号(平成23年6月15日発行)【6月17日(金)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第11号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、飯舘村役場出張所の電話番号について
2、JAそうま飯舘総合支店からのお知らせ
3、いいたてクリニック休業のお知らせ

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第11号(平成23年6月15日発行)[PDF:318.5KB]【こちら】

■11.06.16
▼飯舘村役場飯野出張所の電話番号について【6月16日(木)】
  役場機能の飯野出張所への機能移転に伴う各課の電話番号は次のようになります。
全庁の機能移転は、6月22日(水)を予定しておりますので当日以降の村へのお問い合わせは飯野出張所にお電話ください。

○住所:福島市飯野町字後川10番地の2
総務課(代表) 024-562-4200
FAX 024-562-4411

○各課電話番号
総務課(代表) 024-562-4200
総務課(財政係) 024-562-4245
総務課(企画係) 024-562-4246
住民課(窓口) 024-562-4258
住民課(住民係) 024-562-4241
住民課(収納係) 024-562-4209
住民課(税務係) 024-562-4207
健康福祉課(福祉係) 024-562-4259
健康福祉課(健康係) 024-562-4216
024-562-4224
健康福祉課(包括支援センター) 024-562-4214
産業振興課 024-562-4700
産業振興課(商工観光係) 024-562-4232
産業振興課(農林土木係) 024-562-4249
産業振興課(建設係) 024-562-4218
教育課 024-562-4257
生涯学習課 024-562-4240
議会事務局 024-562-4247
農業委員会 024-562-4219
会計室 024-562-4248

▽お問い合わせ
総務課総務係(電話:0244-42-1611)
22日以降(電話:024-562-4200)

詳しくはホームページをごらんください。【こちら】

▼移住者の情報【6月16日(木)】
   当組合では、3.11東日本大震災のあと、飯舘村へ移住された方々からの元気な声や、メールを頂きました。

  現在は避難されておりますが、皆さんの飯舘村への移住の想いは本当に切実です。その一部をご紹介します。

「飯舘村での農業が出来ないと決まってから、他県へ田畑を借りて農業を再開しています。また一からやり直しですが、頑張ります!」

「飯舘村以外の移住は考えられないので、どこへ行けばいいのか困っている。」

「放射能が見えないので、飯舘村は何も変わっていないようですね。」

「これからの季節が、緑豊かな高原地帯の自然を味わえるのに、本当にがっかりです。」

「また、飯舘村へ戻ってきたいです。」

等など、第2の人生を飯舘村で送っていた方々の「夢」や「生活」も全て奪われてしまいました。

ほとんどが、自給自足の農業を目指しており、本当に言葉もありません。「農林水産省」を始め、福島県や飯舘村では、様々な「放射能の土壌汚染除去」の技術の実証実験等を行っています。

一日でも早く対応して頂きたい問題です。

▽今年4月に移住が決まっていた貸家の庭

▽「ドングリの植樹2年目」今年も植樹の予定でした。
30年後は、全て清らかな森になるでしょうか?

▽遊休農地ではなく玉葱畑です。
今年から「農作業風景も掲載する予定でした。

▼村の様子【6月16日(木)】
▽観光スポット:あいの沢
・・・ 宿泊体験館きこりは通行止めでした。

▽管理塔も休業です
・・・ 歩道にはまだ震災の傷跡も残ったままです。」

▼ほんの森いいたて休業のお知らせ【6月16日(木)】
   ほんの森いいたては6月15日(水)をもって営業を休業しました。

平成7年の開店から16年と4ヶ月の間、皆様のお力に支えられて参りました。

本当にありがとうございました。

村に安全宣言がでた際には再び営業しますので、あらためてご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

▼飯野出張所移転に伴う業務一部休止のお知らせ【6月16日(木)】
   村の機能を飯野出張所に移転するため、平成23年6月17日(金)は次の業務を休止しますのでお知らせします。

▽休止する業務
介護保険証の交付、介護保険関係の各種証明書の交付、後期高齢者医療保険証の再交付

※平成23年6月20日(月)からは健康福祉課は飯野出張所で業務を行います。

▼お問い合わせ
健康福祉課健康係(電話:0244-42-1619)
福祉係(電話:0244-42-1620)

■11.06.10
▼飯舘村の様子【6月11日(土)】
飯舘村の様子・・・入梅

5月末までの計画的避難」は約7割でした。残りの人たちは、どうしているのでしょうか?皆さんもとても気になる所でしょう。

  村で唯一のコンビニも6月には完全に空き店舗になっており、スーパーも食料品の業者が「避難区域」という事で、再び「震災後の物資の配送」のように止まりだし、まもなく郵便も配達を終了するそうです。

  役場も関係団体も6月下旬には「仮庁舎へ移転」となります。移転先の連絡等は「施設」のページをご覧下さい。 飯舘村はいつものように緑豊かな、のどかな田舎の村のまま・・・まるで時間が止まっているかのようです。

  いつもと違う風景なのは、雑草だらけになってしまった放射能汚染された田畑、手入れの出来ない庭木や庭など。自然の生命力をとても感じます。 それから、今までにない車の交通量。朝夕の県道12号線のラッシュは、驚くばかりです。先週までは自衛隊や警察車輌などが毎日、行方不明者の捜索や災害復旧のため海岸方面へ向かっていました。
今週になっても浜通りの常磐高速道路や国道6号線が警戒区域で通行出来ない為か、南相馬市と福島市を繋ぐ県道を走る車の数、どんな想いで飯舘村を通り過ぎていくのでしょう?

  交通事故も多いようですので、本当に無駄な犠牲がないよう祈るばかりです。 一次避難は隣町から土湯、猪苗代方面まで広範囲に渡り、村民がバラバラに散らばっております。自主避難の方々は県外にもいらっしゃいます。

 当組合では、ホームページを通じて、「飯舘村」や「田舎暮らしに関する情報」など、様々な意見やお問い合わせを、移住者に限らず、お待ちしております。

「飯舘村へ必ず戻ってくる日まで がんばろう!飯舘村民!!」

■11.06.03
▼放射線健康相談会を開催します【6月7日(火)】
   福島第一原発の事故により、村内では平常より放射線量が高い状態が続いています。

村では、村内で営業を継続して行う事業所の方をはじめ村民の皆様の不安を少しでも払拭するため、放射線に詳しい、東京大学医学部病院の中川恵一さんを講師に放射能問題と健康についての講演及び相談会を開催します。

これから、私たちが放射線とどのようにつきあっていけばよいか、講演と相談会を通して学びます。

日時 平成23年6月7日(火)
午後7時から午後8時30分まで
場所 ビレッジハウス・ラウンジ
内容 放射線に関する講演(30分)と質疑応答(40分)
講師 東京大学医学部附属病院放射線科准教授 中川恵一氏ほか
問合せ 総務課企画係 (電話:0244-42-1613)

▼飯舘村役場ホームページ(モバイル版、PC版)が更新【6月3日(金)】
  飯舘村役場ホームページ(モバイル版、PC版)が更新されました。

▽PC版はこちらから
http://www.vill.iitate.fukushima.jp/index.html

▽モバイル版はこちらから
http://www.vill.iitate.fukushima.jp/mobile/index.html

▼組合情報 :不動産情報をお寄せ下さい【6月3日】
   現在、飯舘村では一次避難・二次避難の確保に努めていますが、仕事や学校に近い貸家などが不足しているようです。

  5/31時点で避難先が確定している方4,750人(対象人数6,177人約77%) 当組合の提携している不動産会社(南相馬市)でも、南相馬市原町区、鹿島区、相馬市の方まで空いている所はないようです。

「賃貸情報」をお寄せ下さい。
お待ちしております。

■11.06.02
▼放射線量のご報告【6月2日(木)】

文部科学省のホームページより抜粋したデータで作成しました。
詳しいデータなどは下記PDFを御覧ください

▼放射線量データ
飯舘村内放射線量23.3.15~[PDF]【こちら】

■11.05.31
▼号外第10号(平成23年5月28日発行)【5月31日(火)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第10号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、飯舘村役場飯野出張所の設置について
2、生活情報(飲用水配給終了、瓦屋根修繕のお知らせとNHK、郵便局、NTT、東北電力、いいたてクリニックからのお知らせ等)
3、医療機関窓口負担免除のお知らせ

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第10号(平成23年5月28日発行)[PDF:341KB]【こちら】

▼NTT東日本からのお知らせ【5月31日(火)】
   NTT東日本では、今回の震災に伴い電話料金に関するお問い合わせやフレッツ光等にお申し込みのお客様からのお問い合わせにお答えする窓口を設置しています。
現在加入している電話につきましては、休止、または廃止の届け出を行わないと基本料金が継続してかかります
各サービスへのお問い合わせ窓口は次のとおりです

[電話料金(請求書・震災の影響における減免等)のお問い合わせ] 
  0120-032277(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後9時

[加入電話の休止及び移転等についてのお問い合わせ]
加入電話から
  116(局番なし)
携帯電話・PHSから
  0120-116000(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後9時 ※年末年始除く

[フレッツ光の申込み及び移転及び廃止に関するお問い合わせ]
  0120-116116(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後9時 ※年末年始除く

[加入電話の故障に関するお問い合わせ]
加入電話から
  113(局番なし)
携帯電話・PHSから
  0120-444113(フリーダイヤル)
  受付時間 24時間受付

※上記の問合せ内容について、一括して受け付けるお問い合わせ先はありませんのでご了解願います。

■11.05.27
▼6月1日(水)から福島県飯野町に飯舘村役場飯野出張所が設置されます【5月27日(金)】
   飯舘村役場飯野出張所では、当面避難所のニーズの把握、情報の提供、健康相談などの業務を行い、今後、順次役場機能を移転し、避難先の住民に対する行政サービスを充実して行きます。

○移転先住所
福島市飯野町字後川10番地の2(旧飯野町役場庁舎内)
[問]総務課総務係(電話0244-42-1611)

▼東京電力(株)福島第一原子力発電所事故による損害賠償等に関する事業主説明会【5月26日(木)】
 
  飯舘村商工会館で上記説明会が行われました。午前中には弁護士を招いての「原子力損害賠償に準備しておくべき資料」などの講習会もあり、参加してまいりましたが、本当に皆さんの避難の状況や、深刻な経済状況を耳にし、胸が痛い想いでした。
 午後からの東電からの説明では、実際どれぐらいの補償になるのか?忙しい中約70名の事業者が参加しましたが、東電からのお詫びと、5月16日に開かれた「第1回原子力災害被災中小企業に対する仮払い補償の早期実施に向けた協議会」の報告のみであり、その他質問の時間を多くとり事業主の意見を聞きたい、という集会になりました。
 当然、飯舘村の事業主は悲しい現状を語りました。

「テレビのテロップでは飯舘村3.2マイクロシーベルト(役場前)、私の住む長泥地区は14~18マイクロシーベルトありますが、長泥地区の数値も飯舘村の数値ではないのか?誰が飯舘村に放射能をウチワで煽ったのか?」

「線量計を1人1人に持たせるべき!」

「早く事業所にも仮払金を払わないと倒産します!事業所避難もできません!」

「精神的被害もどれだけあるのか判りますか?」
「みんな経営をどうしたらいいか?判らなくてここに集まっているのに、そんな話だけですか?」

「屋外作業の人体的補償は?資材も事務所も移動になるのに借金をして出て行かなくてはならないのか?」

「いつになったら元の経営状態に戻れるか判らない。そこまで(風評被害)補償してくれるのか?」

「商店・飲食店は仮設事務所で営業できない!お客さんとの信頼関係が全てなくなった!」

その他にも沢山の疑問・質問が東電の方に投げかけられましたが、結論には至りませんでした。申請書などを渡されると思ったので、途中退席も多く見られました。
それでも速やかな事務所移転を・・・これは国の指示だそうです。(東電側の返答)

■11.05.23
▼号外第9号(平成23年5月20日発行)【5月23日(月)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第9号」が掲載されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容
1、福島県借上げ住宅取扱いの一部変更について
2、避難中の農機具の保管場所を提供します
3、原発事故に伴う農畜産物の賠償・補償対策について

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第9号(平成23年5月20日発行)[PDF:334KB]【こちら】

■11.05.19
▼放射線量のご報告【5月19日(木)】

文部科学省のホームページより抜粋したデータで作成しました。
詳しいデータなどは下記PDFを御覧ください

▼放射線量データ
飯舘村内放射線量H23.3~[PDF]【こちら】

■11.05.16
▼飯舘村の様子【5月14日(土)】
「飯舘村の様子」・・・二枚橋直売所に祈りの「つるしびな(雛)」
二枚橋地区の「元祖 新鮮野菜直売所」での地元の皆さんの想いです。

「いつか帰れる日を「つるしびなに託して!」
「笑顔でがんばりましょう。今日の日に感謝!」
「早く、二枚橋に戻って来れる様ガンバッペネ」
「いつか元気で帰れます様につるしびなに託して」
「元気で早く戻って来れますように!!」
「元気でみんな帰れます様に」
「みんな元気がい(元気ですか?)!」
「みんな元気でね」
「皆元気で二枚橋にもどれますようたのしみにしています」


■11.05.13
▼号外第7号と第8号【5月12日(木)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第7号・8号」が配布されました。

今回のお知らせ版の主な掲載内容

○第7号
1、 乳児も簡易水道水の摂取制限を解除しました
2、 平成23年度東北地方太平洋義援金(国・県)の給付について
3、 日本赤十字社による生活支援セット支援について。

○第8号
1、 村の避難計画書を県に提出しまし
2、 村納税貯蓄組合連合会について
3、 悪質商法にご注意下さい
4、 平成23年度村の職員配置について

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第7号(平成23年5月10日発行)[PDF:304KB]【こちら】

号外第8号(平成23年5月10日発行)[PDF:321KB]【こちら】

▼乳幼児も簡易水道水の摂取制限を解除します【5月12日(木)】
   村では、1カ月にわたり水道水中の放射性物質の推移を観察してきました。
その結果摂取制限基準値以上の放射性物質が検出されなかったことから、5月10 日をもって乳児の水道水摂取制限を解除いたし ます。
今後は、乳児も水道水を飲用できます。

▽お問合わせ
飯舘村災害対策本部(0244-42-1611)

▼NTT東日本からのお知らせ【5月12日(木)】
   NTT東日本では、今回の災害に伴い電話料金に関するお問い合わせやフレッツ光等にお申込みのお客様からのお問い合わせにお答えする窓口を設置しました。
各サービスへのお問い合わせ窓口は次のとおりです。

[電話料金減免等に関するお問い合わせ] 
NTT東日本料金お問い合わせセンター
  0120-032277(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)

[現在ご利用いただいている電話回線に関するお問い合わせ]
電話に関するお問い合わせ
  116
フレッツ光、ひかり電話に関するお問い合わせ
  0120-116116(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)

[お申込みいただいているフレッツ光の工事延期に関するお問い合わせ]
 既にフレッツ光にお申込みをいただいているお客様につきましては、計画的避難区域に指定されている期間での開通工事は延期させていただきます。
NTT東日本フレッツ光コンタクトセンター
  0120-017935(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後5時(土日・祝日を含む)

▼村幼稚園・小中学校の電話・FAX番号の変更について【5月12日(木)】
   この度、村教育委員会では、計画的避難指示に基づき、川俣町に幼稚園、小・中学校を移設しました。移設に伴い電話及びFAX番号が下記のとおり変更になりましたのでお知らせ致します。

[幼稚園]
草野幼稚園(川俣町立川俣幼稚園内)
  電話 024-565-4700(代表)
    024-565-4702 
  FAX 024-565-4711
飯樋幼稚園(川俣町立富田幼稚園内)
  電話 024-566-4300(代表)
    024-566-4304
  FAX 024-566-4322

[小学校]
草野小学校(川俣町立川俣中学校内)
  電話 024-566-4506
  FAX 024-566-4520
飯樋小学校(川俣町立川俣中学校内)
  電話 024-566-4503
  FAX 024-566-4520
臼石小学校(川俣町立川俣中学校内)
  電話 024-566-4500
  FAX 024-566-4520

[中学校]
飯舘中学校(福島県立川俣高校内)
  電話 024-566-3100(代表)
    024-566-3106
  024-566-3118
  FAX 024-566-3150

▽お問い合わせ
飯舘村教育委員会(0244-42-1631)

▼山菜を食べないようにして下さい!【5月12日(木)】
    暖かくなり、山には山菜がでる時期になりましたが、飯舘村では原発事故により山に自生する山菜は放射性物質を吸収・吸着している可能性があります。山菜は食べないようにしてください。

▽お問い合わせ
飯舘村役場産業振興課農政係(0244-42-1621)

▼悪質商法にご注意ください!【5月12日(木)】
   大規模な地震の後には、地震災害に便乗した点検商法や、かたり商法といった悪質商法が横行します。

「当面の生活費を借りる為に返済保証金を入金したが貸出しが行われない」

「被災した屋根の修理で法外な値段を請求される」

「東日本大地震補償センターというところから電話があり『国から通達があり、福島県民に1人10万円を支給することになった。振込したいので口座番号を教えて欲しい』といわれた。」

「業者が無許可で『体に入った放射性物質を体外に除去する効果がある』などと宣伝して、効果が確認されていない医薬品を販売していた。」

など様々です。少しでも不信に思った場合は、すぐに契約をせずに、「地震に関連する悪質商法110番(独)国民生活センター」までご相談下さい。
電話 0120-214-888(フリーダイヤル)
  午前10時~午後4時まで(土日祝日含む)

▼飯舘村の様子【5月11日(水)】
「飯舘村の様子」・・・移住者宅の庭
ご近所の「移住者」の方から「花が咲いたか?」とのお問い合わせがあったので載せてみます。


▽移住者のコメント
定年後の夢を咲かせようと移住を決め、飯舘村の初めての春を心待ちにしていました。
友人が庭に植えてくれたチュウリップのたくさんの球根は、咲いただろうか?
"幻の春の庭"と目にすることがないとあきらめていました
そこへこの写真が届きどれ程元気をもらったことでしょう。
萎みかけていた夢が蘇えるようでした。

■11.05.12
▼号外第7号と第8号【5月12日(木)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東北関東大震災 号外 第7号・8号」が配布されました。ホームページにはまだ掲載されていませんがお知らせいたします。

今回のお知らせ版の主な掲載内容

○第7号
1、 乳児も簡易水道水の摂取制限を解除しました
2、 平成23年度東北地方太平洋義援金(国・県)の給付について
3、 日本赤十字社による生活支援セット支援について。

○第8号
1、 村の避難計画書を県に提出しまし
2、 村納税貯蓄組合連合会について
3、 悪質商法にご注意下さい
4、 平成23年度村の職員配置について


▽NTT東日本からのお知らせ
NTT東日本では、今回の災害に伴い電話料金に関するお問い合わせやフレッツ光等にお申込みのお客様からのお問い合わせにお答えする窓口を設置しました。
各サービスへのお問い合わせ窓口は次のとおりです。

[電話料金減免等に関するお問い合わせ] 
NTT東日本料金お問い合わせセンター
  0120-032277(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)

[現在ご利用いただいている電話回線に関するお問い合わせ]
電話に関するお問い合わせ
  116
フレッツ光、ひかり電話に関するお問い合わせ
  0120-116116(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)

[お申込みいただいているフレッツ光の工事延期に関するお問い合わせ]
 既にフレッツ光にお申込みをいただいているお客様につきましては、計画的避難区域に指定されている期間での開通工事は延期させていただきます。
NTT東日本フレッツ光コンタクトセンター
  0120-017935(フリーダイヤル)
  受付時間 午前9時~午後5時(土日・祝日を含む)

▽村幼稚園・小中学校の電話・FAX番号の変更について

 この度、村教育委員会では、計画的避難指示に基づき、川俣町に幼稚園、小・中学校を移設しました。移設に伴い電話及びFAX番号が下記のとおり変更になりましたのでお知らせ致します。

[幼稚園]
草野幼稚園(川俣町立川俣幼稚園内)
  電話 024-565-4700(代表)
    024-565-4702 
  FAX 024-565-4711
飯樋幼稚園(川俣町立富田幼稚園内)
  電話 024-566-4300(代表)
    024-566-4304
  FAX 024-566-4322

[小学校]
草野小学校(川俣町立川俣中学校内)
  電話 024-566-4506
  FAX 024-566-4520
飯樋小学校(川俣町立川俣中学校内)
  電話 024-566-4503
  FAX 024-566-4520
臼石小学校(川俣町立川俣中学校内)
  電話 024-566-4500
  FAX 024-566-4520

[中学校]
飯舘中学校(福島県立川俣高校内)
  電話 024-566-3100(代表)
    024-566-3106
  024-566-3118
  FAX 024-566-3150

▽お問い合わせ
飯舘村教育委員会(0244-42-1631)

▽山菜を食べないようにして下さい!
  暖かくなり、山には山菜がでる時期になりましたが、飯舘村では原発事故により山に自生する山菜は放射性物質を吸収・吸着している可能性があります。山菜は食べないようにしてください。

▽お問い合わせ
飯舘村役場産業振興課農政係(0244-42-1621)

▽悪質商法にご注意ください!
 大規模な地震の後には、地震災害に便乗した点検商法や、かたり商法といった悪質商法が横行します。

「当面の生活費を借りる為に返済保証金を入金したが貸出しが行われない」

「被災した屋根の修理で法外な値段を請求される」

「東日本大地震補償センターというところから電話があり『国から通達があり、福島県民に1人10万円を支給することになった。振込したいので口座番号を教えて欲しい』といわれた。」

「業者が無許可で『体に入った放射性物質を体外に除去する効果がある』などと宣伝して、効果が確認されていない医薬品を販売していた。」

など様々です。少しでも不信に思った場合は、すぐに契約をせずに、「地震に関連する悪質商法110番(独)国民生活センター」までご相談下さい。
電話 0120-214-888(フリーダイヤル)
  午前10時~午後4時まで(土日祝日含む)

■11.05.11
▼あれから2ヶ月【5月11日(水)】
  今朝早く、また携帯電話の「緊急地震速報」が鳴りました。
毎月11日は地震が発生する日なのか?と思いながら携帯を覘くと、福島県沖でしたが、揺れは感じませんでした。
しかしながら、本当にあの時の悪夢から抜け出せないようです。
私(職員)の携帯電話は残念ながら途中で故障し、過去の履歴が消えましたが、何百通に亘る「緊急地震速報」は、命綱であり、しかし出来れば「速報」は来ない方が有難いですね。

この2ヶ月の中で、「移住相談」業務を委託し、どうなることか?と心配でしたが、沢山の心温まる励ましの言葉や、有難い受入れ情報など、本当に「人との繋がり」が感じられました。
皆様、本当に有難うございます。

今週から、福島県飯舘村は優先順位での「計画的一次避難」が始まります。
すでに自主避難している戸数が約1割、今後自主避難する見通しが約3割で、残る6割が完全に避難できるのはいつになるのか?
最近の報道でも、多くの皆さんが様々な想いで心配されています。
ですが、環境放射能の線量も、飯舘村役場前で一時は2.99マイクロシーベルトまで下がってきました。

「がんばろう!!飯舘村」

当組合でも「仮設事務所への移転」の話がありますが、しばらくは飯舘村で頑張って営業させて頂きますので、何でもご相談下さい。

▼飯舘村の様子【5月11日(木)】
「飯舘村の様子」・・・移住者宅の庭


■11.04.27
▼号外第6号(平成23年4月25日発行)【4月27日(水)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第6号」が掲載されました。

▽今回のお知らせ版の主な掲載内容
1.被災証明が発行できるようになりました
2.避難される方へ郵便局からのお知らせ
3.役場庁舎(仮庁舎)の移転先について

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第6号(平成23年4月25日発行)[PDF:292KB]【こちら】

▼飯舘村の様子【4月27日(水)】
「飯舘村の様子」・・・大雷神社
桜が5~7分咲きです。
汚染されても可憐に咲いています。
今年の連休には、3年に1度の「大雷神社大祭」があり、山車と踊り子が飯樋地区内を巡り歩く行事がありましたが、祈祷のみで終わるそうです。
飯樋4区で準備が始まった頃の大震災と原発事故でした。

また何年後か…見たいですね。


前回の様子【こちら】

■11.04.25
▼飯舘村役場ホームページより【4月25日(月)】
  詳細はホームページをご覧ください【こちら】

■計画的避難区域の設定について
 平成23年4月22日午前の枝野官房長官の記者会見で村内全域が計画的避難区域に設定されたことが発表されました。

■被災証明書が発行できるようになりました
村全域が計画的避難区域に設定されたことに伴い、被災証明書が発行できるようになりました。
対象は平成23年3月11日から平成23年4月21日の間に飯舘村に住民登録をしていた方です。
「出生」の場合は、平成23年4月21日までに生まれた方が対象となります。
また、申請には免許証や保険証など本人確認ができる身分証明書と印鑑が必要です。
  また、被災証明書は郵便でも請求できます。
郵送を希望される方は、「被災証明郵便請求の方法」をご確認のうえ証明願等必要書類をご送付ください。

被災証明対象者イメージ【PDF:56.7KB】
被災証明郵便請求の方法【PDF:49.3KB】
被災証明願(記入例)【PDF:127KB】
被災証明願(様式)【PDF:60.4KB】

■避難される方へ郵便局からのお知らせ
郵便局では、今回の震災で避難されている方に、郵便物等を可能な限り1通でも多くお届けするよう務めているところです。
今後避難される方につきましては、届出用紙に氏名、転送先(避難先)等必要事項をご記入いただき提出していただきますようお願いします。
なお、届出用紙は郵便局の窓口のほか、役場住民課窓口にも設置しております。ご不明な点は郵便事業株式会社福島支店までお問合せください。

▽お問い合わせ
郵便事業株式会社福島支店
電話:024-533-1207

■11.04.22
▼号外第5号(平成23年4月21日発行)【4月22日(金)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第5号」が掲載されました。

▽今回のお知らせ版の主な掲載内容
1.計画的避難についての村の考え方
2.被災証明書の発行について
3.災害救援見舞金の給付について
4.内閣官房長官、内閣副長官ら来村に関する概要
5.被災動物の一時預かりについて

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第5号(平成23年4月21日発行)[PDF:324KB]【こちら】

■11.04.20
▼平成23年3月11日「東北地方太平洋沖地震」発生による福島第一原子力発電所・原子力災害情報(福島県飯舘村)【4月20日(水)】
  ▽環境放射能測定値(暫定地)飯舘村役場駐車場
・福島県災害対策本部資料より抜粋・1日の最高数値を掲示
・福島第一原発からの方向及び距離:北西、約40kmでの測定(可動型MP装置)

3月15日(火) 18:20 44.70マイクロシ-ベルト/時間(h)※小雨
16日(水) 0:00 38.30マイクロシ-ベルト/時間(h)
17日(木) 19:00 27.4マイクロシーベルト/時間(h)
18日(金) 13:00 25.0マイクロシーベルト/時間(h)
19日(土) 11:00 23.0マイクロシーベルト/時間(h)
20日(日) 1:00 20.9マイクロシーベルト/時間(h)
21日(月) 3:00 13.3マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
22日(火) 15:00 15.3マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
23日(水) 16:00 13.8マイクロシーベルト/時間(h)
24日(木) 11:00 12.8マイクロシーベルト/時間(h)
25日(金) 14:00 11.9マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
26日(土) 17:00 9.49マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
27日(日) 15:00 9.45マイクロシーベルト/時間(h)
28日(月) 15:00 9.22マイクロシーベルト/時間(h)
29日(火) 8:00 8.58マイクロシーベルト/時間(h)
30日(水) 13:00 8.35マイクロシーベルト/時間(h)※雨
31日(木) 15:00 7.66マイクロシーベルト/時間(h)
4月1日(金) 12:00 7.54マイクロシーベルト/時間(h)
2日(土) 14:00 7.13マイクロシーベルト/時間(h)
3日(日) 11:00 6.80マイクロシーベルト/時間(h)
4日(月) 10:00 6.53マイクロシーベルト/時間(h)
5日(火) 13:00 6.45マイクロシーベルト/時間(h)
6日(水) 12:00 6.44マイクロシーベルト/時間(h)
7日(木) 12:00 6.24マイクロシーベルト/時間(h)
8日(金) 13:00 6.03マイクロシーベルト/時間(h)
9日(土) 0:00 5.76マイクロシーベルト/時間(h)※雨(午前)
10日(日) 14:00 5.68マイクロシーベルト/時間(h)
11日(月) 8:00 5.49マイクロシーベルト/時間(h)※雨
12日(火) 10:00 5.33マイクロシーベルト/時間(h)
13日(水) 18:00 5.31マイクロシーベルト/時間(h)
14日(木) 13:00 5.32マイクロシーベルト/時間(h)※高気圧の影響で西よりの風
15日(金) 10:00 5.39マイクロシーベルト/時間(h)※高気圧の影響で南西の風
16日(土) 8:00 5.12マイクロシーベルト/時間(h)
17日(日) 10:00 4.97マイクロシーベルト/時間(h)
18日(月) 12:00 4.90マイクロシーベルト/時間(h)
19日(火) 1:00 4.72マイクロシーベルト/時間(h)※雨→雪
20日(水) 14:00 4.38マイクロシーベルト/時間(h)

 この値はただちに健康に影響を及ぼす値ではありませんが、正常値は0.05~0.07マイクロシーベルト/時間(h)であるため、数値が下がってきたとはいえ、現在でも100倍以上の放射線が検出されている事になります。念のため、外出時は肌の露出を極力抑えマスクを着用し、帰宅したら上着のホコリを払ったり、顔や手を洗うなどして下さい。

※19日(火)は午前中は雨とみぞれ、午後には雪に変わり、夜までに約10cm程の積雪があり、放射線量は22:00には3.22マイクロシーベルト/時間(h)まで下がりました。

3月の降雪はなかなか解けずに日陰に残っており大問題でしたが、今回は春の雪であったためか、かなり水分が多く翌日の20日(水)にはほとんど道路は解けていました。

確実に数値は下がっていますが、まだまだ平常値になるまでには時間がかかりそうです。
桜の蕾も膨らみ始めたところでした。


■11.04.19
▼農林水産大臣に提言・要望を提出しています【4月19日(火)】
    村は、4月9日に来村した鹿野道彦農林水産大臣に次のような提言書・要望書を提出しています。

提言書では、土壌改善事業や生活支援、避難者支援などあらゆる支援策を早期に実施し、村をモデル的復旧、復興の対象として指定することを提言しています。また、要望書では原子力事故の早期収束と農作物の補償、支援など4項目を要望しています。

提言書[PDF:144KB]【こちら】

要望書[PDF:121KB]【こちら】

▼SEEDS出版から「までいの力」発刊中です【4月19日(火)】
   1年間にわたり、飯舘村をくまなく取材したルポルタージュ本「までいの力」がSEEDS出版から発刊されました。この本の販売収益は村の復興に役立てられます。販売は定価2,500円でインターネットサイトアマゾン、ほんの森いいたて、SEEDS出版で取り扱っています。

チラシ・注文表[pdf]【こちら】

■11.04.14
▼号外第4号(平成23年4月13日発行)【4月14日(木)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第4号」が掲載されました。

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第4号(平成23年4月13日発行)[PDF:286KB]【こちら】

■11.04.13
▼飯舘村の様子【4月13日(水)】
「飯舘村の様子」・・・たくましく咲く花たち!!


▼計画的避難区域、福島県・義援金の配分 【4月13日(水)】
 

飯舘村ではまだ情報が出ていないため、南相馬市の情報をお知らせ致します。

計画的避難区域・緊急時避難準備区域【こちら】

福島県・義援金の配分について【こちら】


▼「までいそば」発売中!
 
平成22年産そば粉を販売しております。
場所は、「組合事務所」並びに「もりの駅まごころ」
「JAミートプラザ旬のひろばいいたて」販売しております。
※現在地震のためもりの駅「まごころ」「JAミートプラザ旬のひろばいいたて」は休業中です。
また、通信販売も取り扱っております。
詳しくは「までいもの」ページでどうぞ。

■11.04.12
▼大震災から1カ月が経ちました【4月12日(火)】
  東北地方太平洋沖地震におきまして亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復興を切にお祈り申し上げます

日本観測上、最大の大地震から早1カ月が経ちました。
村も経済が回復し始め、ひと安心と思った矢先の「計画避難」の報道・・・
そして昨夜4/11と4/7の震度6もの余震…まだまだ気が抜けない状況です。
しかし、私達は遺された命を大切にし、前を向いて生きていかなければなりません。

被災された皆様の所では桜は咲いたでしょうか?
飯舘村は例年4月中旬~標高200m地域から順に標高600mまで5月上旬にわたり、桜の開花が見られます。
昨年は春先の低温と4月下旬の積雪で蕾のまま散ってしまった梅や桜の木など、今年はきれいに咲く事を祈ります。
放射能で汚染されてしまった福島県浜通りには桜の名所が沢山ありました。
今年は立入禁止区域で見に行けないのがとても残念でなりません。
例え汚染されていても、桜は満開に咲いている事でしょう。
また、夏には海水浴シーズンで多くの人で賑わっていた浜辺が一瞬にして消えてしまいました。今も道路が寸断され、海岸に近づく事もできません。
それでも少しずつ復興するために多くの人の手で復旧作業が行われています。

「がんばろう!福島県 浜通り地方!!」

「がんばろう!福島県いいたてむら!!」

福島県・飯舘村も「澄んだ青空・星空」と「高原のおいしい水」が、放射能汚染されてしまいました。
春~秋にかけて山菜採りや、涼しい夏のキャンプシーズンで賑わうはずの飯舘村。
時間はかかりますが、自然は必ず浄化して綺麗になっていくでしょう。
私達は必ず元通りになることを願っています。
飯舘村にももうすぐ春がやってきます。

これからも、いいたて村までい企業組合では「移住相談」を継続していきます。
また、「安全・安心な地産地消の農業」を必ず復活させます。

今回の災害で、何が大切か、何を一番優先するのか、とても大事な事が判りました。

「昔ながらの生活」でした。
薪・炭・釜戸・井戸水・保存食など、昔の人達が残してくれた生活の知恵が、暗闇でも、水道が出なくても、今の私達にも引き継がれてきた生活の工夫があり、生き延びていくことができました。

こんなにも「電気・ガス・水道」に頼りきりの生活になっていた、戦後に生きる私達ですが、親や年寄りに沢山の生きる道を教えて頂きました。
生鮮食品が途絶えた時、備蓄米と味噌、越冬超えの保存していた野菜や漬け物がありました。また、地区や班(組)ごとに団結してまとまり、配給も不足しているところに分けてあげたり等の光景も見れました。本当に「地域の絆」が大切でした。

「田舎って本当に有難いところだと思いました。」

最初の「自主避難」の誘導があっても年寄りたちは避難せず、お店が開いてなくても自分たちの蓄えで食べていけたのです。彼岸前の寒さも炭や昔の囲炉裏を出して暖を取り、知恵を出し合いました。

今は自給自足での農業が出来ませんが、またゼロから始めましょう。
飯舘村の本当の意味での「春」が、「夜明け」が早く訪れる事を祈ります。

▼平成23年3月11日「東北地方太平洋沖地震」発生による福島第一原子力発電所・原子力災害情報(福島県飯舘村)【4月11日(月)】
  ▽環境放射能測定値(暫定地)
・福島県災害対策本部資料より抜粋・1日の最高数値を掲示
・福島第一原発からの方向及び距離:北西、約40kmでの測定(可動型MP装置)

3月15日(火) 18:20 44.70マイクロシ-ベルト/時間(h)※小雨
16日(水) 0:00 38.30マイクロシ-ベルト/時間(h)
17日(木) 19:00 27.4マイクロシーベルト/時間(h)
18日(金) 13:00 25.0マイクロシーベルト/時間(h)
19日(土) 11:00 23.0マイクロシーベルト/時間(h)
20日(日) 1:00 20.9マイクロシーベルト/時間(h)
21日(月) 3:00 13.3マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
22日(火) 15:00 15.3マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
23日(水) 16:00 13.8マイクロシーベルト/時間(h)
24日(木) 11:00 12.8マイクロシーベルト/時間(h)
25日(金) 14:00 11.9マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
26日(土) 17:00 9.49マイクロシーベルト/時間(h)※降雪
27日(日) 15:00 9.45マイクロシーベルト/時間(h)
28日(月) 15:00 9.22マイクロシーベルト/時間(h)
29日(火) 8:00 8.58マイクロシーベルト/時間(h)
30日(水) 13:00 8.35マイクロシーベルト/時間(h)※雨
31日(木) 15:00 7.66マイクロシーベルト/時間(h)
4月1日(金) 12:00 7.54マイクロシーベルト/時間(h)
2日(土) 14:00 7.13マイクロシーベルト/時間(h)
3日(日) 11:00 6.80マイクロシーベルト/時間(h)
4日(月) 10:00 6.53マイクロシーベルト/時間(h)
5日(火) 13:00 6.45マイクロシーベルト/時間(h)
6日(水) 12:00 6.44マイクロシーベルト/時間(h)
7日(木) 12:00 6.24マイクロシーベルト/時間(h)
8日(金) 13:00 6.03マイクロシーベルト/時間(h)
9日(土) 0:00 5.76マイクロシーベルト/時間(h)※雨(午前)
10日(日) 14:00 5.68マイクロシーベルト/時間(h)

 この値はただちに健康に影響を及ぼす値ではありませんが、正常値は0.05~0.07マイクロシーベルト/時間(h)であるため、数値が下がってきたとはいえ、現在でも100倍以上の放射線が検出されている事になります。念のため、外出時は肌の露出を極力抑えマスクを着用し、帰宅したら上着のホコリを払ったり、顔や手を洗うなどして下さい。

■11.04.08
▼号外第3号(平成23年4月7日発行)【4月8日(金)】
  飯舘村役場からの東日本大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東日本大震災 号外 第3号」が掲載されました。

東日本大震災関連情報【こちら】

号外第3号(平成23年4月7日発行)[PDF:312KB]【こちら

■11.04.06
▼飯舘村役場ホームページより【4月6日(水)】
  ▽環境放射能測定値(暫定地)
・福島県災害対策本部資料(第328報)より抜粋・1日の最高数値を掲示
・福島第1原発からの方向及び距離:北西、約40kmでの測定(可搬形MP装置)
3月29日(火) 8:00 8.58マイクロシーベルト/時間(h)
30日(水) 13:00 8.35マイクロシーベルト/時間(h)
31日(木) 15:00 7.66マイクロシーベルト/時間(h)
4月1日(金) 12:00 7.54マイクロシーベルト/時間(h)
2日(土) 14:00 7.13マイクロシーベルト/時間(h)
3日(日) 11:00 6.80マイクロシーベルト/時間(h)
4日(月) 10:00 6.53マイクロシーベルト/時間(h)
5日(火) 8:00 6.29マイクロシーベルト/時間(h)
   
▽水質検査
・ 厚生労働省健康局報道発表資料より抜粋
※4月1日より飲めるようになりました。
◎飯舘村滝下浄水場
3月28日(月) 9:45 32.3ベクレル/kg
29日(火) 9:00 40.6ベクレル/kg
30日(水) 10:20 17.0ベクレル/kg
31日(木) 9:30 73.5ベクレル/kg
4月1日(金)   22.6ベクレル/kg
2日(土)   16.6ベクレル/kg
3日(日)   12.5ベクレル/kg
    
◎飯舘村花塚浄水場
3月31日(木) 9:50 48.5ベクレル/kg
4月1日(金)   35.2ベクレル/kg
2日(土)   29.1ベクレル/kg
3日(日)   22.5ベクレル/kg
    
◎飯舘村田尻浄水場
3月31日(木) 10:10 80.5ベクレル/kg
4月1日(金)   71.7ベクレル/kg
2日(土)   54.9ベクレル/kg
3日(日)   42.7ベクレル/kg

■11.04.04
▼号外第2号(平成23年4月1日発行)【4月4日(月)】
  飯舘村役場からの東北関東大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東北関東大震災 号外 第2号」が掲載されました。

▽IAEA関連ニュースの詳細について
▽4/1 から水道水が飲めるようになりました
▽福島労働局からのお知らせ
▽村内営業店舗情報(4月1日から4月5日まで)
などが掲載されています。

東北関東大震災関連情報【こちら】

号外第2号(平成23年4月1日発行)[PDF:337KB]【こちら

■11.04.01
▼「までいそば」発売中!
 
平成22年産そば粉を販売しております。
場所は、「組合事務所」並びに「もりの駅まごころ」
「JAミートプラザ旬のひろばいいたて」販売しております。
※現在地震のためもりの駅「まごころ」は休業中です。
また、通信販売も取り扱っております。
詳しくは「までいもの」ページでどうぞ。

■11.03.31
▼号外第1号(平成23年3月30日発行)【3月31日(木)】
  飯舘村役場からの東北関東大震災関連情報内に広報いいたておしらせ版「東北関東大震災 号外 第1号」が掲載されました。
下記ホームページに掲載されています。
当面の農作業情報も詳しく書いてありますので、ご覧願います。

東北関東大震災関連情報【こちら】

号外第1号(平成23年3月30日発行)[PDF:286KB]【こちら

■11.03.29
▼飯舘村役場ホームページより【3月29日(火)】
  役場ホームページで3/21の水道水の965ベクレルのままの掲示や、全国ニュースに流れていた為、今日現在の報告を抜粋しましたので、お知らせいたします。

<役場ホームページより抜粋>
「村では、3月20日に村の簡易水道(滝下浄水系)で採取した水について、福島県原子力センター福島支所において水質検査を実施したところ、基準値(正常値)300ベクレル/kgを上回る値965ベクレル/kgが検出されました。」以降の情報が全国に流れていません。
下記数値まで下がりましたので、お知らせ致します。

<厚生労働省健康局報道発表資料より抜粋>
3月21日 8:30 492ベクレル/kg
3月22日 7:45 344ベクレル/kg
3月23日 9:20 220ベクレル/kg
3月24日 9:00 88.7ベクレル/kg
3月25日 9:00 58.2ベクレル/kg
3月26日 8:55 111ベクレル/kg
3月27日 9:00 55.1ベクレル/kg

上記のように正常値以下になっておりますが、飯舘村では安全の為、引き続き飲料水の配布をしておりました。(3月28日現在)
また、飯舘村の環境放射能測定値(暫定地)も掲載しておきます。

<福島県災害対策本部資料(第328報)より抜粋・1日の最高数値を掲示>
福島第1原発からの方向及び距離:北西、約40kmでの測定(可搬形MP装置)
3月17日(木) 19:00 27.4マイクロシーベルト/時間(h)
18日(金) 13:00 25.0マイクロシーベルト/時間(h)
19日(土) 11:00 23.0マイクロシーベルト/時間(h)
20日(日) 1:00 20.9マイクロシーベルト/時間(h)
21日(月) 3:00 13.3マイクロシーベルト/時間(h)
22日(火) 15:00 15.3マイクロシーベルト/時間(h)
23日(水) 16:00 13.8マイクロシーベルト/時間(h)
24日(木) 11:00 12.8マイクロシーベルト/時間(h)
25日(金) 14:00 11.9マイクロシーベルト/時間(h)
26日(土) 17:00 9.49マイクロシーベルト/時間(h)
27日(日) 15:00 9.45マイクロシーベルト/時間(h)
28日(月) 15:00 9.22マイクロシーベルト/時間(h)
29日(火) 9:00 8.50マイクロシーベルト/時間(h)

■11.03.28
▼いいたて村までい企業組合より【3月28日(月)】
  東北地方太平洋沖地震におきまして亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復興を切にお祈り申し上げます。

飯舘村役場による東日本大震災情報
ページはこちら

当事務所も3/12~26まで下記理由により誠に勝手ながら事務所を閉所しておりました。

3/11~13まで 電気・電話・携帯不通、水道断水(停電の影響)など
3/14~16まで 電話・インターネット不通
3/16~ 屋内退避のため自宅待機命令
3/18~ 自主避難・集団避難指示
3/25~ 東京電力(株)福島第一原子力発電所から半径20km圏内に避難指示、半径20km以上30km圏内の住民(飯舘村蕨平地区)に自主避難発令中

全国的に福島県・飯舘村のニュースが流れ、不安と不信の毎日ですが、飯舘村民はまだ飯舘村に居ります。少しずつですが、復興に向けて活動しています。

今後とも、福島県・飯舘村を応援してください。

■11.02.25
▼超高速インターネットサービス開通工事延期のお知らせ
  ※NTTからサービス申込み者へ重要な電話連絡・説明があります

  NTT東日本福島支店から、福島県内の加入申込みが殺到し、加入者宅への開通工事が遅れていることから、超高速インターネットサービスの開通工事を3ヶ月遅れの本年6月以降へ延期するとの連絡がありました。

  NTT東日本福島支店では、加入申込みをいただいた方へ個別に連絡をし、お詫びと今後の予定などを説明するとのことです。加入者の方はインターネットサービスの利用を心待ちにされていることと思いますが、しばらくの間、お待ちいただきますようお願い致します。

  なお、地上デジタル放送再送信事業は、予定通り3月末から本放送を開始する予定です。

■問い合わせ NTT東日本フレッツ光コンタクトセンター
  電話0120-017935(通話料無料)
  平日・土曜 午前9時から午後7時まで
  日曜・祝日 午前9時から午後5時まで

▼3月議会定例会開催日程(予定)
 
3月 2日(水) 議会運営委員会
  7日(月) 開会、議案審議
  10日(木)・11日(金) 一般質問
  14日(月)・15日(火)・16日(水) 予算審査特別委員会
  18日(金) 議案審議、閉会
※日程は議会運営委員会にて決めますので、変更になる場合があります。

■問い合わせ
飯舘村議会事務局(電話0244-42-1628)

▼4月から歯科診療が「いいたてクリニック」に移行します
  <草野・飯樋診療所の歯科診療が終了します>

  今年3月で草野・飯樋の両診療所が廃止となり、4月から「いいたてクリニック」で歯科診療を開始することになります。
  このため、草野・飯樋診療所がクリニック歯科開設準備に入るため、下記期日を持って休診となります。

診療終了日 飯樋歯科診療所 3月18日(金)まで
  草野歯科診療所 3月25日(金)まで

▼鯉のぼりの寄付をお待ちしています。
 

  「宿泊体験館きこり」では、各家庭で不要になった鯉のぼりを寄付していただき5月頃に空にたなびかせたいと考えております。
  ご家庭でご不要になった鯉のぼりがありましたらご連絡下さい。

■ 問い合わせ
宿泊体験館きこり(電話0244-42-1012)


▼エコハウス「までいな家」に宿泊体験しませんか?
  薪ストーブや、太陽光発電などの地球にやさしい新エネルギーを利用した、断熱気密化された住宅は、冬の北海道のような寒さでも家中がとても暖かく、次世代の家を建てる皆様や、飯舘村へ移住希望の皆様にはぜひ体験して頂きたい住宅です。

「までいな家(エコハウス)」は、低炭素型田園ライフの実現のため、菜園・ガーデン、農作業場、アート活動等の多様なクリエート空間を用意し、“半農半Ⅹ”型のライフスタイルを堪能できるエコ田園住宅を村民参画で計画・建設しエコ定住、移住を促します。

子どもたちの環境学習や、移住希望者の住宅モデルとして活用し、までいな家での「までいな暮らし」の体験を通して村民と村外の人々の交流拠点となることを期待しております。

までいな家の詳細・お問い合わせは【こちら】(12/28~1/4休館)

■11.02.17
▼飯舘村の様子【2月16日(水)】
「飯舘村の様子」…向春の候
・・・とはいえ、まだまだ寒さ厳しく、飯舘村は先日氷点下15度でした。
また積雪も重なり、事務所の裏側はこんな雪山ができていました。
でも、春の雪なので道路はすぐに融けました。
春はすぐそこまで来ています。


■11.02.09
▼臨時休業のお知らせ
いいたて村までい企業組合ではイベント・行事等で臨時休業をいただいておりますが、現在決まっているものだけ臨時休業日をお知らせいたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

1月 ~平成23年1月3日(月)まで年末年始休暇
2月 11日(金)建国記念の日、26日(土)
3月 4日(金)、21日(月)春分の日

▼ミツバチ巣箱づくりワークショップ(までいな家)【3月6日(日)】
  蜜源・花粉源を育てる活動の一環としてワークショップを行います。

飯舘村では昔から巣箱を設置し、ニホンミツバチのハチミツを自給している家が多く見られます。
村内で実際にニホンミツバチのハチミツを採取している方を先生に、実践的な巣箱作りを行います。

日時 平成23年3月6日(日)  午後1時から
場所 までいな暮らし普及センター(エコハウス[までいな家])
参加費 無料
※材料費として実費を負担していただきます)
募集定員 15名
申込み締め切り 3月1日(火)午後5時
内容 *初心者向けのニホンミツバチ巣箱作り勉強会です。
*今回は重箱型3段の巣箱の作り方を学びます。
*諸先輩のアドバイスなど情報を得られます。
お問い合せ 飯舘村までいな暮らし普及センター(役場隣)
電話0244-68-2850
ホームページ 【こちら】

▼新春村民のつどい【平成23年1月16日(日)】
  今年で26年目を迎える「新春村民のつどい」が飯舘村公民館で開催されました。
飯舘村公民館は今年4月より新しく建て直す計画で、公民館大ホールでは最後の、村民のつどいの会場となりました。
また、10大ニュースの中にも「新施設」や「エコ・地デジ」などの新しい取組みのニュースがランクインされていました。
 
日時 平成23年1月16日(日)午前10時~午後1時
会場 飯舘村公民館 2階大ホール
内容 村の10大ニュース発表・表彰
新春パーティー・アトラクション
落語家 古今亭志ん輔さんによる落語
ほか
参加費 入場無料、どなたでも参加できます。
お問い合せ 飯舘村役場総務課企画係
TEL:0244-42-1613
 
平成22年(2010年)村の10大ニュース(投票総数1,976票)
1位 1,206票 4月5日 「統合診療所 いいたてクリニックが診療開始」診療開始に合わせコミュニティバス(無料・患者バス)も運行を開始し村民の新しい足に。
2位 1,173票 11月24日 「飯樋小学校が福島民友新聞社にペットボトルキャップを寄託」取り組み開始以来3年間で906.5kgのキャップを集める。
3位 854票 5月11日 「あなたにつなぐ飯舘絵本リレー事業開始」11月22日までに全国から絵本52,582冊の善意が寄せられる。7月15日には絵本の一部を村内幼稚園・小・中学校の子どもたちにプレゼント。同事業の絵本活用事例第1号に。村内20箇所に絵本文庫も設置。
4位 817票 8月26日 「飯舘産食材100%学校給食デー」飯舘産の食材100%で学校給食実施。幼稚園から中学生までの子どもたちは大満足。
5位 801票 6月から 「光ファイバー敷設工事開始」村内約260kmの光ファイバー敷設は平成23年2月完成予定。地デジ再送信事業にも活用。
6位 794票 4月24日 「までいな家(飯舘村までいな暮らし普及センター)が開所」「低炭素型田園ライフ」として新しいライフスタイルを提案する施設として様々なエコ事業を展開。
7位 678票 10月23日・24日 「第28回いいたて秋まつり」収穫感謝祭や総合文化展などさまざまな催しが行われる中、までいの里いいたてYOSAKOIまつりが行われ、村内外12団体が参加。天の恵みに感謝する満月ライブでは歌手Yaeさんが熱唱。
8位 648票 9月24日 「飯舘中学校前庭『奏(かなで)の庭』完成」待合所『ばすすとっぷ和場(なごみば)』とともに竣工式を開催。3年間の大プロジェクトがここに完結。
9位 628票 10月28日 「もりの駅まごころの来場者が15万人を突破」きのこが豊作で客足伸びる。
10位 574票 7月2日 「村の公用車に電気自動車導入」愛称の『ストップ温暖カー』は飯舘中学校の高野さん、菅野さんが命名。
 

■11.01.25
▼フォーラム「小規模自治体の可能性を探る」in いいたて【平成23年1月29日(土)~30日(日)】
 
日時 平成23年1月29日(土)~30日(日)
会場 福島県飯舘村 宿泊体験館「きこり」
飯舘村深谷字市沢166-6(電話0244-42-1012)
「きこり」ホームページ
参加費 1,000円
交流会費 3,000円
宿泊費 4,725円 (朝食付)
主催 福島大学小規模自治体研究所、小規模研フォーラム飯舘村実行委員会
共催 飯舘村、飯舘村議会
申込締切 このフォーラムは申込み受付けを終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

■プログラム
フォーラム「小規模自治体の可能性を探る」in いいたて
1日目 平成23年1月29日(土)
12:45 受付開始
13:15 開会・あいさつ
13:30 基調講演  菅野典雄(飯舘村長)
「飯舘村における地区・集落を基盤とする地域づくり~中山間地域等直接支払制度の10年間の成果と今後の課題について~」
14:45 講演終了・休憩
15:00 分科会(1)
1、 議会改革
~議会改革のこれまでと今後の取り組み~
2、産業振興
~協働で進める農業振興策と6次産業化 ~
3、子育て支援
~小さな自治体の子育て支援誰もが子育てできる環境を目指して~
17:00 分科会終了
17:30 チェックイン・自由時間
18:30 交流会  
20:30 交流会終了
2日目 平成23年1月30日(日)
9:00 分科会(2)
10:00 分科会終了・休憩
10:15 全体会(分科会報告、まとめ)
11:45 閉会行事
12:00 閉会
13:00 村内巡りツアー(オプション)
エコハウス「までいな家」、ほんの森いいたて、もりの駅「まごころ」、飯樋小学校 他(予定)
  お申込・お問い合わせはこちら

■11.01.19
▼臨時休業のお知らせ
いいたて村までい企業組合ではイベント・行事等で臨時休業をいただいておりますが、現在決まっているものだけ臨時休業日をお知らせいたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

1月 ~平成23年1月3日(月)まで年末年始休暇
2月 11日(金)建国記念の日
3月 4日(金)、21日(月)春分の日

▼飯舘村の様子【1月18日(火)】
「飯舘村の様子」…厳寒の候
昨日までの積雪は10~15cm程で、大雪の予報で「除雪車」も出動しましたが、軽い雪質で、強風で飛んでいるので天気は良くても吹雪にご注意下さい。

低温注意報が出ていた程、1月は1番寒い月です。道路も毎日凍結していますので、急発進、急ブレーキ、急ハンドルに気をつけて運転して下さい。(昨日も事故処理のパトカーが出動していました。)


▼「やさしくエコな住宅断熱」勉強会【2月5日(土)】
  「までいな家」では環境省「21世紀環境共生型モデル住宅」として様々なイベントが開催されています。新築・リフォームをお考えの方や、寒い住宅でお悩みの方、ご興味のある方は是非ご参加下さい。
 
開催日 平成23年2月5日(土) 受付 午後1:00
時  間
13:10
~15:00
第1部
「住宅断熱と効果について」勉強会
15:10
~17:00
第2部
「個別住宅相談会」(無料)
場  所 飯舘村役場西隣「までいな家」
詳細 詳細は下記ホームページまでお問い合わせ下さい。
ホームページ【こちら
お問い合せ 飯舘村までいな暮らし普及センター
電話:0244‐68‐2850

■11.01.06
▼新春村民のつどい【平成23年1月16日(日)】
  今年も村の10大ニュース発表など、イベントが盛り沢山です。
 
日時 平成23年1月16日(日)午前10時~午後1時
会場 飯舘村公民館 2階大ホール
内容 村の10大ニュース発表・表彰
新春パーティー・アトラクション
落語家 古今亭志ん輔さんによる落語
ほか
参加費 入場無料、どなたでも参加できます。
お問い合せ 飯舘村役場総務課企画係
TEL:0244-42-1613

▼「地域企業相談会」へご相談下さい。
  「ビジネスアイデアはあるんだけど実現のために何をどう準備していけばいいのか」
「ビジネスプランを作ってみたのでアドバイスがほしい」
「1年間、事業を展開してきたけど課題にどう取り組んでいったらいいのか?」
などに、インキュベーション・マネージャー(IM)が起業に関する相談を無料でお受けします。

対象者 県内で、起業(ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスを含む)に関心がある方や、起業を志す方、新たに事業を始められる方、事業を開始して間もない方
相談日 平成23年1月31日(月)午後1時から5時まで
場  所 南相馬市原町区本町1-111 「ゆめサポート南相馬」
担当IM 石川 悟
申込み 1月25日(火)まで
福島県商工労働部産業創出課(福島県インキュベート施設ネットワーク協議会事務局)
TEL:024-521-7283
FAX:024-521-7935       
Mail:sawada_atsushi_01@pref.fukushima.jp

※当組合にも、起業を目的とした将来設計で移住を希望される方が多いようですので、是非ご相談下さい。

■11.01.04
▼明けましておめでとうございます

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も役職員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

本年は、野菜の種まきシーズンや季節の便りなど、飯舘村での農村生活「までいな田舎暮らし」をお届けできますよう、ホームページへ掲載していきたいと思います。
お楽しみに。(3月~予定)
今年も「いいたて村までい企業組合」を宜しくお願い致します。

更新履歴
11.12.27
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.12.21
いいたて村のイベント(春夏春秋)更新

11.12.20
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.12.16
組合案内更新

11.12.13
お知らせ掲示板更新
村の様子更新

11.12.11
お知らせ掲示板更新
組合活動報告更新

11.12.07
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.12.02
お知らせ掲示板更新

11.12.01
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.11.21
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.11.15
いいたて村からのお知らせ更新
いいたて村のイベント更新
組合活動報告更新

11.11.14
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.11.11
お知らせ掲示板更新
トップページ更新

11.11.09
トップページ(原子力災害の記録)更新
組合案内更新

11.11.08
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.11.07
お知らせ掲示板更新
村の様子更新
いいたて村のイベント更新
施設詳細(までい工房 美彩恋人)更新
組合案内更新

11.10.26
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
いいたて村のイベント更新
トップページ(原子力災害の記録)更新
組合案内更新

11.10.17
いいたて村からのお知らせ更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.10.14
お知らせ掲示板更新

11.10.12
お知らせ掲示板更新
村のイベント更新

11.10.11
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのおしらせ更新
施設更新
組合活動報告更新

11.10.03
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.09.21
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.09.20
お知らせ掲示板更新
村のイベント更新

11.09.15
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.09.12
お知らせ掲示板更新
いいたて村のイベント更新
村の様子更新

11.09.02
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
組合活動報告更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.08.31
お知らせ掲示板更新
組合活動報告更新

11.08.30
お知らせ掲示板更新
施設更新
施設詳細(なな色の空)更新

11.08.29
お知らせ掲示板更新

11.08.17
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.08.11
お知らせ掲示板更新
村の様子更新

11.08.10
施設修正

11.08.09
施設更新

11.08.05
施設更新
リンク更新

11.08.04
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
村の様子更新

11.07.27
お知らせ掲示板更新
村の様子更新

11.07.21
お知らせ掲示板更新
組合活動報告更新

11.07.20
お知らせ掲示板更新
いいたて村のイベント更新

11.07.19
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.07.13
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.07.12
お知らせ掲示板更新
いいたて村のイベント更新
村の様子更新
組合活動報告更新

11.07.07
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.07.04
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
施設更新
村の様子更新

11.07.01
トップページ(原子力災害の記録)更新

11.06.30
お知らせ掲示板更新
施設更新

11.06.20
トップページ(原子力災害の記録)更新
施設更新
までいもの更新

11.06.17
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
施設更新
村の様子更新

11.06.16
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
村の様子更新
組合報告更新

11.06.10
お知らせ掲示板更新
施設更新
村の様子更新

11.06.09
施設修正

11.06.04
お知らせ掲示板修正
短期移住体験用住宅修正
組合活動報告更新

11.06.03
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.06.02
お知らせ掲示板更新
村の様子更新

11.05.31
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.05.27
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.05.23
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.05.19
お知らせ掲示板更新
村の様子更新

11.05.16
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
村の様子更新
組合案内更新
組合活動報告更新

11.05.13
お知らせ掲示板修正
村の様子追記

11.05.12
お知らせ掲示板更新
土地・建物修正

11.05.11
お知らせ掲示板更新
村の様子更新

11.04.27
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
体験日記更新
村の様子更新

11.04.26
お知らせ掲示板修正
組合活動報告更新

11.04.25
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
場所と概要修正
施設修正

11.04.22
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
場所と概要修正
施設修正

11.04.20
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.04.19
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
までいもの修正
11.04.14
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.04.13
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新
村の様子更新

11.04.12
お知らせ掲示板更新
いいたて村からのお知らせ更新

11.04.08
お知らせ掲示板更新

11.04.06
お知らせ掲示板更新
組合報告更新

11.04.04
お知らせ掲示板更新

11.04.01
お知らせ掲示板修正

11.03.31
お知らせ掲示板更新
物件(売地)修正

11.03.29
お知らせ掲示板更新

11.03.28
お知らせ掲示板更新

11.03.14
村の施設・詳細修正

11.03.10
村の施設・詳細更新
村の様子更新(積雪記録))

11.03.03
物件(売地・貸家)修正

11.02.25
お知らせ掲示板更新
物件(売地・企業)修正

11.02.17
お知らせ掲示板更新
村の様子更新
村の施設・施設詳細修正

11.02.09
お知らせ掲示板更新
村のイベント報告更新

11.02.02
場所と概要更新
村の様子更新(積雪記録)

11.01.31
貸家修正

11.01.25
お知らせ掲示板更新

11.01.20
お知らせ掲示板修正
村のイベントと案内更新(2011追加)
村の様子更新

11.01.19
営業時間・休館日修正
お知らせ掲示板更新
相談会などのお知らせ修正
村の様子更新

11.01.17
貸家更新
村の様子更新

11.01.06
お知らせ掲示板更新
案内とお知らせ更新

11.01.05
案内とお知らせ更新

11.01.04
お知らせ掲示板更新

 
Copyright(C) 2006 iitate-madei.com All rights reserved.