いいたて村のスローライフ
までいライフ宣言
いいたて村案内
  場所と概要
  施設
  飯舘村の様子
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
村づくりの特徴と主な事業
いいたて村案内
  お知らせ
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
お店情報
  2016
2015
2014
  2013
  2012
  2011
  イベント
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
  イベント報告
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
ふるさとへ帰りたい
  飯樋ふるさと芸能まつり
  大雷神社例大祭
  綿津見神社
  山津見神社
  村指定文化財
    草野地区
    関沢地区
    八木沢・芦原地区
    大倉地区
    八和木・前田地区
    大久保・外内地区
    比曽地区
    蕨平地区
    二枚橋地区
  歴史的建造物
    伊丹沢地区
    深谷地区
お休み中へ
組合案内
活動報告
  2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
  2008年度
  2007年度
  2006年度
情報履歴
  2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
  2008
  2007
いいたて村のリンク集
お休み中へ

移住のあれこれ
  行政情報
  村に移住したら・・・
  短期移住体験用住宅
  体験日記

相談会などのお知らせ
現在募集中の物件
  土地・建物
  貸家
  企業用地
実際の購入の流れ
不動産の取り扱いについて

までいもの
通販法表記

========================

いいたて村までい企業組合

▼郵便番号
960-1801
▼住所
福島県相馬郡飯舘村草野字大師堂65
▼電話
0244-68-2888
▼FAX
0244-68-2889
▼営業時間
月曜~金曜 8:30~17:00
▼休業日
土・日・祝日、夏季・年末年始
▼URL
http://www.iitate-madei.com
▼Mail
info@iitate-madei.com


いいたて村までい企業組合が行ってきた活動と村のイベントをご報告いたします。
これからも田舎暮らしへの支援や飯舘村の活性化を目指した活動を行っていきます。

■2015年度活動報告
▼2015年度組合活動報告【3月14日(月)】
   2015年度も農作物等の放射性物質測定事業を主に活動して参りました。

この測定事業をして4年、「放射能とは?」から勉強させていただく機会を与えていただき、本当に感謝しております。

飯舘村で測定検査した食品中の放射性物質の数値は、2012年度は驚くばかりでしたが、近年は除染(5cm表土の剥ぎ取り)後の土地から「フキ」や「ミョウガ」等 が自然に生えてきていて更に驚きでした。

それでも数値が低減化していることで飯舘村の帰還に向けた未来がすぐそこまできており、決して完全に元通りにはならなくても、村は人の手で復興出来るのだなと近くで感じられました。

2016年は、新しい「交流センター」(公民館跡地)や「広域消防飯舘分署」、 「村営住宅」、「商工会館」が建てられ、「いいたてまでいな太陽光発電㈱」が動き始めます。

また、3月24日は「宿泊体験館きこり」入浴・イオラの再開、6月22日には飯舘村役場機能を飯舘村本庁舎に戻して全業務再開、9月30日に飯舘村立60周年の記念事業(10年後に配達される手紙など)もあり慌ただしい1年になりそうです。

そして2017年の春には、帰還困難区域を除く飯舘村民の避難解除となり、「いい たてクリニック」診療再開、「道の駅までい館(仮称)」オープンといった、帰村後の村づくりの復興計画が盛り沢山です。

~までいの村に陽はまた昇る~(いいたてまでいな復興計画第5版ダイジェスト版)より

長すぎた避難生活(5年)でしたが残り1年のリミットとなり、新しい飯舘村の姿が待ち遠しく、気持ちばかり「希望の春」になっています。(まだまだ寒い飯舘ですが)

全村避難の解除にはまだなりませんが、それでもその日を待ちわびる村民がいるこ とに、飯舘村の未来は繋がっていくと信じています。

▼東日本大震災から5年が経ちました。【2016年3月11日(金)】
   カレンダーを見て驚きました。
2011年の3月11日も金曜日でした。

小学校は間もなく下校になる時刻、中学校は卒業式が終わって自宅にいた時刻・・・

そして、大人達は年度末にかけて慌ただしく仕事をしている時刻が、一瞬にして全て止まりました。

振り返れば長くて辛い5年間。

しかし前を向くことで、これからまだまだ時間が足りない程、帰還への課題が山積みであり、あと何年かかれば「飯舘村」が昔のような農村生活に戻るだろうか・・・

来年の春に自宅へ帰る人たちは、カビやネズミの被害にあった家屋の改修や傷んだ家具などを片付けなければならず、忙しい日々を送っています。(実家の清掃をした時、タンスの引き出しにネズミ、縁側の座布団の下には青大将、 押し入れの中のい草の座布団はクロオオアリの巣でした・・・しかも畳の上は全てネズミ とクモのフンだらけ・・・)

手間暇をかける「真手(までい)」の意味が違うかもしれませんが、自分たちの手で片付け、元の生活に戻し、未来に進まなければ本当の「心の復興」はないのかもしれません。
しかし、「避難する」ことは容易でも、「戻る」ことはたった一言ではすまないことを、国に、原子力関係者に、そして原子力発電の電気を利用する皆さんにご理解いただきたいです。

将来の日本のために、地球のために、よりよいエネルギー政策を求めます。

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果 <1月測定分>【2月1日(月)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が 続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成28年1月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
イノハナ 1件 1件 39400.0 Bq/kg
カブ(除染済) 1件 1件 ND(不検出)
カブレ菜
(除染済)
1件 1件 ND(不検出)
クリタケ 1件 1件 7170.0 Bq/kg
ダイコン
(除染済)
1件 1件 ND(不検出)
ハクサイ
(除染済)
1件 1件 ND(不検出)

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果 <12月測定分>【1月4日(月)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が 続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年12月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
キウイフルーツ
(除染済)
2件 2件 8.93 Bq/kg
ギンナン 1件 1件 7.5 Bq/kg
干し柿
(除染済)
2件 1件 33.0 Bq/kg
ユズ 2件 2件 134.0 Bq/kg

▼訃報【12月3日(水)】
   長年に渡りいいたて村までい企業組合の理事を務めてきました役員さんの訃報がまた届いてしまい、愕然とするばかりです。
 村の秋まつりに鮭を運んでくれたり、蕎麦刈り機のメンテナンスを心配して来てく れたりと、いつもいつも縁の下の力持ちの役割を担ってくれた方でした。

 心よりご冥福をお祈りいたします。

 12月20日が組合創立10周年でした。
 本来なら盛大にお祝いする予定でしたが、仲間を失った悲しみで残された私たちはどんな言葉をかけてよいか分かりませんでした。

 まだまだ若い中小企業の社長さんたちの早すぎる享年でした。
 ここに3名の役員さんの生前のご活躍を称え、心から哀悼の意を表し、飯舘村の更なる復興へ向けて心を一つにし、一致団結して参ります。


▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果 <11月測定分>【12月1日(火)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が 続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年11月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
カキ 8件 5件 25.8 Bq/kg
カリン 1件 0件 ND(不検出)
キウイフルーツ 4件 4件 32.9 Bq/kg
トチの実 1件 1件 210.0 Bq/kg
ユズ 8件 8件 84.0 Bq/kg

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果 <10月測定分>【11月4日(水)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が 続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年10月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
アケビ 3件 3件 90.3 Bq/kg
イチジク(除染済) 2件 2件 13.8 Bq/kg
カキ 32件 25件 125.0 Bq/kg
カリン 1件 1件 16.8 Bq/kg
キウイフルーツ(除染済) 8件 8件 51.7 Bq/kg
クリ 11件 11件 329.0 Bq/kg
サルナシ(除染済) 1件 1件 5.2 Bq/kg
ジュウネン(除染済) 1件 1件 8.27Bq/kg
ナツハゼ(除染済) 2件 2件 60.3 Bq/kg
マツタケ 2件 2件 5400.0 Bq/kg

イチジク カキ カリン キウイフルーツ クリ

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果 <9月測定分>【10月4日(月)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が 続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年9月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
アミタケ(除染済) 1件 1件 978.0 Bq/kg
イノハナ 10件 10件 44500.0 Bq/kg
オクラ(除染済) 1件 1件 ND(不検出)
カキシメジ 1件 1件 826.0 Bq/kg
カラスマイタケ 1件 1件 123.0 Bq/kg
クリ 21件 21件 624.0 Bq/kg
サルナシ(除染済) 1件 1件 22.0 Bq/kg
千本シメジ 1件 1件 138.0 Bq/kg
トウモロコシ(除染済) 1件 1件 ND(不検出)
トチの実 4件 4件 278.0 Bq/kg
ナシ(除染済) 1件 1件 7.43 Bq/kg
ナツハゼ 1件 1件 20.7 Bq/kg
ブルーベリー(除染済) 1件 1件 54.5 Bq/kg
マツタケ 1件 1件 1220.0 Bq/kg
ミョウガ(花) 3件 3件 10.1 Bq/kg

アケビ イノハナ オクラ サルナシ トウモロコシ
トチの実 ナシ ピーマン マスカット 花ミョウガ

▼震災から4年半=避難指示解除まであと1年半 【9月14日(月)】
   村を走る県道12号線(原町-川俣線)は、江戸時代中期頃から「塩の道」と言われ、海から奥州街道へ塩や海産物を運ぶ産業道路として利用され、現在も多くの運搬車両が往来しています。

また、戦後70年の今年。
終戦疎開や満州開拓団が飯舘村(旧飯曾村・大舘村)へ入村し(約5百戸)、早寒遅暖で冷害の影響を受けやすい地域でしたが、広大で豊かな山の資源を生かして馬・牛の肥育や、戦後の不況の中、田畑を黙々と耕し、水稲栽培や高原野菜、葉たばこ、花卉栽培等の第一次産業で「飯舘ブランド」を作りあげ、また新たな六次化産業も加わり、あちこちに「道の駅」や「農産物直売所」が建てられ、車社会による「峠の茶屋」のような観光スポットになっていました。

しかし2011年3月11日以降、世界的ニュース「国際原子力機関(IAEA)が飯舘村でIAEA避難基準を上回る放射性物質が検出」と報道され、その後の4月に全村避難へと怒涛の日々を余儀なくされ、農村としての機能が働かないまま4年半が経とうと しています。

避難市町村は少しずつ今後の明暗がはっきりと分かれてくる中で、飯舘村は「帰村」への道しるべを示しています。

「新しい村づくり」と元通りには戻らない現実・・・放射能汚染による農業の在り方が変わった今、新たな「道の駅」での活用方法は?

生まれ変わる「新生飯舘村」の姿を早く見たいものです。

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果<8月測定分>【9月1日(水)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年8月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
カボチャ(除染済) 1件 0件 ND(不検出)
ゴーヤ(除染済) 1件 1件 6.26 Bq/kg
ジャガイモ(除染済) 1件 1件 6.14 Bq/kg
スモモ(除染済) 2件 2件 14.1 Bq/kg
フキ 13件 12件 205.0 Bq/kg
ブドウ(除染済) 1件 1件 3.99 Bq/kg
ミョウガダケ 20件 19件 333.0 Bq/kg
モミタケ 1件 1件 333.0 Bq/kg
ヤマボウシの実 8件 8件 129.0 Bq/kg

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果 <7月測定分>【8月3日(月)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が 続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年7月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
ウメ 20件 17件 98.7 Bq/kg
キュウリ(除染済) 4件 0件 ND(不検出)
トマト(除染済) 8件 0件 ND(不検出)
ナス(除染済) 4件 0件 ND(不検出)
ブルーベリー 5件 4件 65.6 Bq/kg

ブルーベリー ナス トマト タケノコ(破竹) ズッキーニ
シシトウ キュウリ カボチャ ウメ インゲン

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果<6月測定分>【7月6日(月)】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年6月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
柏の葉 2件 2件 260.0 Bq/kg
サンショウ 1件 1件 193.0 Bq/kg
フキ 15件 15件 584.0 Bq/kg
タケノコ(破竹) 20件 20件 830.0 Bq/kg
ブルーベリー 2件 1件 5.52 Bq/kg
ワラビ 12件 11件 1990.0 Bq/kg

▼思い入れの深い企業組合【6月25日(木)】
   今年で10周年を迎え、組合員が集まる度に沢山の村での活動や思い出話、東日本大震災・原子力災害の苦しみを、何度も何度も話され、分かち合い、とても強い絆を 感じます。

「早朝薄暗い時間からの朝採りブロッコリーの収穫と出荷、新鮮さを保つための努力は大変だけれども、『までいライフ宣言』の象徴であった」

「大震災での停電時の発電機の調達や、水・燃料の供給、支援物資の運搬の手伝いなど、建設業の力を存分に活用できて良かった、その現場に組合員全員が居た事がうれしかった」

「海岸での重機による捜索活動の風景は今でも忘れられない・・・(泣)」

10年前は建設業界だけでなく、日本経済が不況のあおりを受け、新たな産業である6次化産業 [第1次(生産)×第2次(加工)×第3次(販売)] に着目し、都市部との繋がりを重視し、交流人口の増大を図ることを目的として、その時に流れがきていた「田舎暮らし」をキーワードとして企業組合活動で取り組むようになりました。

様々な都市部との交流や、農業体験事業を通し、村の、農村生活の存在がとても大切な財産である事が判り、平成29年の春には、新しい飯舘村の希望の橋となるような 様々な構想が、組合員それぞれの胸の中に詰まっていることも、長年に渡り一緒に仕事をしてきた仲間同士では語られていました。

「先祖から引き継がれてきた農地を、このまま荒れ果てた状態で放り投げていいものか・・・」

「誰かが村に戻ってやらなければダメなんだ!」

そんな熱い思いが新たな形になる事を信じ、あと1年と9カ月・・・帰村へのカウントダウンは始まっています。


▼第10回企業組合通常総会開催【5月23日(土)】
   当組合が設立して10回目の通常総会が開催されました。

平成17年12月20日が設立総会なので、10周年にはまだ時間がありますが、約10年を振り返るととても感慨深いものがありました。

地域活性化と交流人口の増加を当初より計画して行ってきた、小さな事からコツコツ積み上げてきた夢と希望と実績が、原子力災害で無残にも破壊されてしまいまし た。

しかし、立ち止まっていても仕方がありません。

2年後の帰村に向けて「いいたて村」でどんな仕事が出来るのか?

どうすれば村民が再び笑いあいながら土を手に取り、自然と共に生きていけるのか?

考えることが山積みです。

新たな夢と希望を胸に、皆様の更なるご発展とご健康を祈念して通常総会が閉じられました。

▼飯舘村に測定申込みがあった食品等の放射性物質の測定結果<5月測定分>【5月8日(月)】
   飯舘村役場ホームページに「食品等の放射性物質の測定結果<5月測定分>」が掲載されています。

村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が続い ています。

測定結果から見ても、山菜・きのこに関してはまだまだ摂取できない日々が続き、 山の恵みを楽しみにしている村民は今年もため息をついています。

食品等の放射性物質の測定結果<5月測定分>【こちら】

ウド カラシ菜 コゴミ コシアブラ シイタケ
シドケ タラノメ フキ ワラビ  

▼食品中の放射性物質測定結果~平成27年4月 【5月1日現在】
   村では現在も国が定めた食品の放射性物質の基準値(100ベクレル/㎏)を大きく 上回る値が検出されており、飯舘村産の山菜・きのこ等の出荷制限・摂取制限が続いています。

■食品中の放射性物質測定結果~平成27年4月
測定品目 測定件数 セシウム検出件数 検出値(最大値)
イタドリ 1件 1件 44.4 Bq/kg
ウド 2件 2件 212.0 Bq/kg
カラシ菜 14件 6件 52.1 Bq/kg
行者ニンニク 3件 3件 48.1 Bq/kg
コゴミ 2件 2件 229.0 Bq/kg
コシアブラ 3件 3件 38360.0 Bq/kg
シイタケ(露地) 1件 1件 4430.0 Bq/kg
タラノメ 2件 2件 379.0 Bq/kg
葉ワサビ 5件 5件 150.0 Bq/kg
フキノトウ 15件 15件 204.0 Bq/kg
ヨモギ 1件 1件 71.9 Bq/kg
ワラビ 5件 5件 741.0 Bq/kg

▼営業時間変更のお知らせ 【4月1日(水)】
   「農作物放射性物質測定事業」のため、事務所不在になります。
御用の方はメール、又は下記の営業日にお電話願います。

▽営業時間など
営業日:月、水、木曜日(土・日・祝日休みです。)
営業時間:8:30~17:00
(火、金曜日は検査中ですが、祝日によりほかの日に変わることもあります)

▽電話
0244-68-2888(転送します)

 
Copyright(C) 2006 iitate-madei.com All rights reserved.