いいたて村のスローライフ
までいライフ宣言
いいたて村案内
  場所と概要
  施設
  飯舘村の様子
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
村づくりの特徴と主な事業
いいたて村案内
  お知らせ
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
お店情報
  2016
2015
2014
  2013
  2012
  2011
  イベント
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
  イベント報告
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
ふるさとへ帰りたい
  飯樋ふるさと芸能まつり
  大雷神社例大祭
  綿津見神社
  山津見神社
  村指定文化財
    草野地区
    関沢地区
    八木沢・芦原地区
    大倉地区
    八和木・前田地区
    大久保・外内地区
    比曽地区
    蕨平地区
    二枚橋地区
  歴史的建造物
    伊丹沢地区
    深谷地区
お休み中へ
組合案内
活動報告
  2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
  2008年度
  2007年度
  2006年度
情報履歴
  2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
  2008
  2007
いいたて村のリンク集
お休み中へ

移住のあれこれ
  行政情報
  村に移住したら・・・
  短期移住体験用住宅
  体験日記

相談会などのお知らせ
現在募集中の物件
  土地・建物
  貸家
  企業用地
実際の購入の流れ
不動産の取り扱いについて

までいもの
通販法表記

========================

いいたて村までい企業組合

▼郵便番号
960-1801
▼住所
福島県相馬郡飯舘村草野字大師堂65
▼電話
0244-68-2888
▼FAX
0244-68-2889
▼営業時間
月曜~金曜 8:30~17:00
▼休業日
土・日・祝日、夏季・年末年始
▼URL
http://www.iitate-madei.com
▼Mail
info@iitate-madei.com


■村指定文化財(草野地区)
草野の三匹獅子舞・・・村指定文化財無形民俗文化財
飯舘村史第三巻「民俗」五五七頁より
▽名称と所在地
 相馬郡飯舘村草野は、同村の交通・公益はもとより、行政の中心中心地でもある。
ここに伝わる風流の獅子舞を、戦後は「草野の三匹獅子舞」あるいは「草野の獅子舞」といっているが、それ以前は「草野の獅子踊り」、あるいは単に「獅子踊り」とよんでいた。

▽行われる時期と場所
 現在では三年に一度の新暦二月の大会で時々舞われるのみである。
草野の鎮守白山神社の旧暦九月十八日、十九両日の祭礼に演じられていた。
「笠揃い」は祭礼前日の十七日午後、十八日は、午後一時から社殿での祭典の後、つづいて八坂神社の社前で、さらに草野の町内で、そして、神輿が休まれるお仮屋でと、四回舞う。
翌十九日は、午後三時にお仮屋で、つづいて御輿の環御と共に白山神社に帰って社殿で舞った。
白山神社では、前庭が狭いため拝殿内で舞うが、拝殿ができる前は、土の上に筵を敷いて舞った。
「笠はずし」十九日の夕方から、いずれも常宿で行った。

▽演者と衣装
 獅子は「前獅子(または先獅子)」、「後獅子」の二頭の雄獅子と一頭の雌獅子による。
近年、「前獅子」、「後獅子」を、それぞれ太郎、次郎と呼ぶこともある。
また、道化役のひょっとこが一名つく。
獅子は獅子頭をつけ、たっつけ袴で後腰に二本の腰ざしを差し、白足袋、草履ばきで、腹太鼓をつけ、赤縁の白手甲でばちを持つ。
ひょっとこはひょっとこ面をつけ、花模様の襦袢にたっつけ袴、白足袋ばきで、黄色のひっこきを締め、赤縁の白手甲でささらを一組を持つ。

▽採物・用具・楽器など
 獅子頭は張子で、耳があり、雄獅子にだけ角がある。
腹太鼓は直径十七センチメートル、胴長十九センチメートルの締太鼓で、皮には相馬藩主の九曜紋がつけてある。
腰ざしは長さ五六センチメートルの棒の先半分に、五色の細布(以前は紙)を下げたもので、交差してつける。
これは幣束の変形と思われ、県内では相馬・双葉両地方の獅子舞によくみられる。
ひょっとこが持つささらは、長さ三四センチメートルの竹製で、一方にはきざみを、他方は細く割ってある。

▽由来と沿革
 草野字大宮作鎮座の綿津見神社宮司多田氏の祖先多田埜丹波源義光が、天保十一年(一八四〇)に白山神社に書き納めた棟礼によると、白山神社はかつて白山大明神といい、加賀の白山姫神社を勧請した社で、祭礼は六月十八日であり、獅子舞は元文四年(一七三九)から奉納しているとある。
ただ、どこから伝えられたかについては明らかではない。
一説には相馬氏が奥州の相馬に移る際に関東からついてきたともいっているが、これを史実とするには、獅子舞の行った年代から推察して無理がある。
衣装などには相馬・双葉両地区の四匹または五匹の獅子舞の影響などもわずかながら見られるが、この獅子は三匹であり、振りにも古い形態を残していることから見て、県内では比較的古い時期に伝えられたものと思われる。
明治の後期にしばらく中断していたのを、大正元年に八巻直清、遠藤一、木幡重之助らが唯一の伝承者であった堀川卯之松から習って再興した。

(現地の看板にて)
「草野三匹獅子舞の由来」
古老の口伝にて詳らかならずといえども この獅子舞は関東不動獅子と称した相馬公家老※熊川兵庫が山中郷草野に居城を築き住する時に加賀よりの移住者達の手で奉斎されし白山大神に祭日といえども芸能なきを憂いて獅子舞を奉納したのは元文四年(一七三九)のことであった 以来白山神社の祭日には獅子舞の奉納を例としてきた 大正元年当時の青年が寄り集まりこの舞の再興を協議し堀川卯之松氏の指導のもとで八巻直清、遠藤一、木幡重之助諸氏が踊り手として舞を継続してきたが戦後衰退の一途をたどりつつあるので有志相集まり後継者の養成に努力し部落有志の声により昭和四十一年九月飯館獅子舞保存会を結成発足し現在に至っている」

※岡田兵庫とも。 岡田兵庫は草野に館を構えた相馬の武将。婿養子として浪江の熊川長春を迎えたことにより石高が一六〇〇になり、相馬藩の一門に認められた。

草野の三匹獅子舞
(H22年二月の
合同発表会にて)
       

(現地の看板にて)
白山神社のモミ・・・村指定文化財天然記念物
■飯舘村指定天然記念物(昭和四七年十一月二七日指定)

 樅(モミ)は、マツ科に属し、岩手・秋田両県以南、四国・九州屋久島までに自生する日本特産の常緑針葉高木である。
樹皮は暗灰色、鱗片状をなし、枝葉太く雌雄同株。 花は五月ごろに開花し、球果は円柱形で、十月ごろ熟して灰褐緑色に変わる。

 白山神社は、天文十年(一五四一)歓請その後元文四年(一七三九)に再建されたと伝えられる。
本樹はケヤキとともに神社のシンボルとして保存され、その樹容を誇っている。

一樹齢 三〇〇年(推定)
一樹高 三三メートル
一胸高周囲 四.七メートル

 また、福島県緑の文化財としても指定されている。 (第四三九号)

白山神社のモミ 石碑 看板    

(現地の看板にて)
白山神社のケヤキ・・・村指定文化財天然記念物
■飯舘村指定天然記念物(昭和四七年十一月二七日指定)
 欅(ケヤキ)は、ニレ科に属し、本州・四国・九州・朝鮮・中国に自生する木である。
樹皮は灰褐色で老木では大きな鱗片となってはげ、小枝は細い。
毎年四月~五月ごろ新葉とともに葉の付け根に淡黄緑色の小花をつける。
材質は堅くて美しく、建築・家具製作の用材として用いられる。

 本樹は樅(モミ)とともに神社のシンボルとして保存され、その樹容を誇っている。

一樹齢 三〇〇年(推定)
一樹高 三四メートル
一胸高周囲 四.五メートル

 また、福島県緑の文化財としても指定されている。(第四三八号)

白山神社のケヤキ 石碑 看板    

釈迦如来立像・・・村指定文化財美術工芸品
 戦国時代、伊達軍に攻め込まれていた相馬領の現・飯舘村(山中郷に指定されるのは一六九八年・元禄一〇年)小屋林の山では、相馬の岡田兵庫と四条但馬が守備していた。
四条但馬が伊達と内通するが、相馬藩は結果的に勝利を収め、一帯を岡田兵庫が治めた。
 その後、岡田兵庫は婿として(子は娘三人のみ)浪江の熊川長春を迎えた。
護法院の釈迦如来立像は熊川長春の母の為に作らせたものである。
(多田宏さんへのヒアリング調査より)
草野の曹洞宗愛宕山護法院の本尊が、この立像です。
木製で、像の高さは四十九センチメートル、台座から光背までは約八〇センチメートルある。
如来像は、通常、仏様が座った形(座像)をしており、このように立った姿の像は、たいへん珍しいと言われている。
像が納めてある箱(厨子)には、延宝六年(一六七三年)に寺に寄進された事が記されていますが、いつ作られたものかはわかっていない。
像を寄進したのは、当時の相馬藩山中郷の家老、熊川清兵衛氏(厨子の記録による)で、妻の幸福を願ってのこととある。

護法院では、昭和十年ごろまで、大般若会(大般若の読みかたは「オデハンニャ」か。飯舘村にはオデハンニャという行事が伝わっていた。)という正月行事が行われてきた。
般若会というのは、般若教六百巻を分冊していくつかの箱に入れ、各地区の若者が各集落にかついで回り、各家々を巡って歩くという行事で、家人はかついだ箱の下をくぐって無病息災、五穀豊穣を祈ったといわれる。
(公報いいたて 平成元年八月号より)

釈迦如来立像        
 
Copyright(C) 2006 iitate-madei.com All rights reserved.