いいたて村のスローライフ
までいライフ宣言
いいたて村案内
  場所と概要
  施設
  飯舘村の様子
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
村づくりの特徴と主な事業
いいたて村案内
  お知らせ
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
お店情報
  2016
2015
2014
  2013
  2012
  2011
  イベント
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
  イベント報告
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
ふるさとへ帰りたい
  飯樋ふるさと芸能まつり
  大雷神社例大祭
  綿津見神社
  山津見神社
  村指定文化財
    草野地区
    関沢地区
    八木沢・芦原地区
    大倉地区
    八和木・前田地区
    大久保・外内地区
    比曽地区
    蕨平地区
    二枚橋地区
  歴史的建造物
    伊丹沢地区
    深谷地区
お休み中へ
組合案内
活動報告
  2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
  2008年度
  2007年度
  2006年度
情報履歴
  2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
  2008
  2007
いいたて村のリンク集
お休み中へ

移住のあれこれ
  行政情報
  村に移住したら・・・
  短期移住体験用住宅
  体験日記

相談会などのお知らせ
現在募集中の物件
  土地・建物
  貸家
  企業用地
実際の購入の流れ
不動産の取り扱いについて

までいもの
通販法表記

========================

いいたて村までい企業組合

▼郵便番号
960-1801
▼住所
福島県相馬郡飯舘村草野字大師堂65
▼電話
0244-68-2888
▼FAX
0244-68-2889
▼営業時間
月曜~金曜 8:30~17:00
▼休業日
土・日・祝日、夏季・年末年始
▼URL
http://www.iitate-madei.com
▼Mail
info@iitate-madei.com



■2015

▼飯舘村の様子 【11月26日(木)】
飯舘村の様子・・・初雪

雪のシーズン到来です。

夕べ降った雪は、今朝の雨で道路は融けたようですが、山や田畑はすっかり雪化粧で真っ白です。
先週、早めに冬タイヤに交換して正解でした。

これから来年3月までは、慎重に運転しなければいけません。


▼飯舘村の様子 【11月16日(月)】
飯舘村の様子・・・晩秋の候

飯舘村もいつの間にか紅葉の季節が過ぎようとしています。

あと1年半を切った帰還に備え、農地除染も冬季まで追い込み作業にかかり、各地で道路工事なども行われ、夕方の帰宅ラッシュの時刻は早い夕暮れになり、またこれから凍結も心配なところでとても危険な道路状況となっています。

時間に余裕を持って、安全運転に心がけましょう。


▼飯舘村の様子 【9月16日(火)】
飯舘村の様子・・・シルバーウィーク

台風17・18号が直撃しなかったにもかかわらず、関東・東北豪雨災害が起きてしまいました。
飯舘村はあちこちで土砂災害や、新田川の氾濫でニュースにも出たように農地の除染廃棄物が河口へ流出してしまいました。

栃木・茨城・宮城まで範囲が広かった様子をテレビで見ていると、東日本大震災の当時を思い出さなかった人は少なくありませんでした。
なすすべもなく、家が流れていくのを見ているしかない、自然の偉大さ。

飯舘村は12日からお彼岸宿泊が認められていますが、まだ災害の跡が道路のあちこちにありますので、お墓参りや通行の際は道路情報をご確認のうえ、安全運転でお 越しください。

▽山津見神社の様子

※神社は現在工事中のため、ご祈祷は建物の隣にあります。
(完成予定は平成28年5月以降になるそうです。)
また、今年の山御講は11月28日(土)のみのご祈祷になるそうです。

▼飯舘村の様子 【8月10日(月)】
飯舘村の様子・・・いよいよ復興の年!

除染作業も農地除染が本格的になり、宅地除染は100%終了し、村内は除染土壌の 山々が立ち並んでいます。

今年度は村内初の仮設コンビニ店(セブンイレブン)が開店したり、復興第1号の「飯舘村交流センター(仮称)」も完成の予定になっており、帰村に向けた村内の動きが少しずつ目に見えてくると、きっと帰村する希望も湧いてくると信じます。

▼飯舘村の様子【4月21日(火)】
飯舘村の様子・・・桜満開です

今日の新聞で飯舘村が「平成29年春に避難指示解除(帰還困難区域を除く)」との報道がありました。

除染作業の遅れにより復興計画も遅れると、帰る家も傷み、農地は荒れ果て、帰村する気持ちが薄らいでしまいます。

実家の庭にキジの親子が住み付いていました。
早く帰村に向けた将来設計をしないと、動物たちに家を取られてしまいます。

そんな中でも村の桜は懸命に咲き誇っています。


大雷神社の桜並木
大雷神社の桜並木
新田川沿いの桜

▼飯舘村の様子【4月17日(金)】
飯舘村の様子「桜が開花」

飯舘村にも桜前線がようやく訪れたようです。

いいたてホームの桜が綺麗に咲き始めました。
この施設には現在も避難せずにホームに住んでいるお年寄りと、介護する職員の皆様が静かに生活しています。
避難しない方がリスクが低い、という判断は正しかったと思います。

村の桜も見れずに寝たきりになっているお年寄りもいます。  みんな元気なうちに元通りに戻ってくれれば・・・と願うばかりです。


▼飯舘村の様子【3月2日(月)】
飯舘村の様子・・・あと○年の辛抱

飯舘村は来年の3月で避難解除になるのでしょうか?

相次ぐ除染作業の遅れや中間貯蔵施設への搬入時期の遅れ・・・

一体、いつになったら私たちの故郷が帰ってくるのでしょう。

先日、村で勤務していたという村外の方とお話をしていて、その滞在中のエピソードをお聞きし、そうだ、飯舘村はそんな村だな、と思いました。

その方は学校の先生をしており、学校の宿直室(?)の布団を干したまま土曜日に、家へ帰宅してしまったそうで、帰る途中に雨がパラパラ降ってきて、ああ、布団 が濡れてしまう、と思い引き返すと、布団はきちんと部屋へ閉まってあり窓も閉まっていて、学校には誰もいなかったそうです。

それが地元の住民の助け合いなんだなと、心に沁みて感じたそうです。

昔は小学校の分校が沢山あり、13kmも遠い道程を歩いて通ったんだ、とか、歩いているうちに夜になって暗い山道を歩くと、タヌキの腹鼓が聞こえた、とか楽しそうに昔を懐かしんでいました。

私もよく祖父から狐の嫁入り(狐火)を見たとか、山学校(アケビ採り等)していた、とか聞いていましたが、そんな話を聞けるのも年配の人との会話でしか聞けないものです。

「本にしたら1冊になりそうだな」なんて本当に出来そうな、面白小話を聞くことが出来て、村人の温かさとか、田舎の大切さが再び感じられました。

他にもここでは言えない出来事も山盛りですが、再びそんな楽しかった村が甦ってくれるのかな?と思うばかりです。


「昭和12(1937)年頃…馬耕掛け(飯樋宮仲地区)

「昭和8年(1933)頃…臼石お祭り行列」
※県道12号線です!

▼飯舘村の様子【1月5日(月)】
飯舘村の様子・・・冬眠
村の除染作業も、降雪と共に春まではお休みのようです。

写真のような姿であと何年このままで置かれるのでしょうか?
村の田んぼは新たな汚染土壌の緑の山で覆われ、早く中間貯蔵施設へ運ばれるのを 待っています。
長い長い道程です。

 
Copyright(C) 2006 iitate-madei.com All rights reserved.