いいたて村のスローライフ
までいライフ宣言
いいたて村案内
  場所と概要
  施設
  飯舘村の様子
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
村づくりの特徴と主な事業
いいたて村案内
  お知らせ
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
お店情報
  2016
2015
2014
  2013
  2012
  2011
  イベント
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
  イベント報告
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
ふるさとへ帰りたい
  飯樋ふるさと芸能まつり
  大雷神社例大祭
  綿津見神社
  山津見神社
  村指定文化財
    草野地区
    関沢地区
    八木沢・芦原地区
    大倉地区
    八和木・前田地区
    大久保・外内地区
    比曽地区
    蕨平地区
    二枚橋地区
  歴史的建造物
    伊丹沢地区
    深谷地区
お休み中へ
組合案内
活動報告
  2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
  2008年度
  2007年度
  2006年度
情報履歴
  2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
  2008
  2007
いいたて村のリンク集
お休み中へ

移住のあれこれ
  行政情報
  村に移住したら・・・
  短期移住体験用住宅
  体験日記

相談会などのお知らせ
現在募集中の物件
  土地・建物
  貸家
  企業用地
実際の購入の流れ
不動産の取り扱いについて

までいもの
通販法表記

========================

いいたて村までい企業組合

▼郵便番号
960-1801
▼住所
福島県相馬郡飯舘村草野字大師堂65
▼電話
0244-68-2888
▼FAX
0244-68-2889
▼営業時間
月曜~金曜 8:30~17:00
▼休業日
土・日・祝日、夏季・年末年始
▼URL
http://www.iitate-madei.com
▼Mail
info@iitate-madei.com



■2016

▼飯舘村の様子 【2月1日(月)】
▼飯舘村の様子・・・大寒波
毎年、1月下旬から2月上旬は一番寒く、大雪になりがちです。
西日本の皆さんの大雪と凍結のニュースに驚き、心よりお見舞い申し上げます。

1月24日の大寒波では飯舘村は5センチ位だったのですが、沖縄で初雪観測や、九州地方で水道凍結、とのニュースでかなり被害が大きかったようでした。

飯舘村や東北地方では大寒波の時は、夜は水道の元栓を止水したり、給湯器やトイレなどは電熱線を巻いていないと、凍結し破損するので防止策をしているのですが、 西日本はやはり普段は暖かいのでしょう。

道路や通路が水浸しで大雨でも降ったのかと思うような光景でした。
やはり異常気象ですね。

暖冬とは言っても飯舘村は4月まで雪が降ります。
今年は4月に大雪の可能性、大との話です。

いつもはそれで農家のハウスが潰されるので、マメに雪下ろしをしたり、ストーブ をつけたりと対策するのですが、そんな心配もない震災後の飯舘村の冬です。

昔は大雪で道路は立ち往生し、お店の商品が入ってこなくなるので、冬は1週間ぐらいは備蓄した食品でしのいだり、庭の井戸水を汲みに行ったりが当たり前でした。(水道水より井戸水の方が温かいです。)

現在のようにすぐに除雪車もこないので、学校が休校になったりすると、雪だるまやかまくらを作ったり、田んぼの畦に出来た凍った雪の橋を雪渡りして、時々その下の小川にハマったり、小学校では雪上サッカー、雪上相撲大会をしたり、田んぼのスケートリンクもありました。

子供の頃の雪遊びは沢山ある程、この土地は会津地方のように雪が降っていました。

1月18日の湿った雪は20~30センチ近くもあり、固まる前に雪掃きしようと しましたが、肩と腰に効いてやむなく断念し、後日、除染作業の業者さんが「までいに」除雪車で掃いてくれました。
やはり機械にはかないません。

いつもは寒いので雪質もパウダースノーなのですが、暖冬の影響でしょうか。
屋根から一気に滑り落ちる雪の音が壊れるかと思うほどでした。

雪はあなどれませんので除雪には十分お気をつけ下さい。

▽1月20日から続いた屋根の雪

▼飯舘村の様子 【1月5日(火)】
飯舘村の様子・・・再生

飯舘村を訪れる方が必ず、「汚染土壌がすごい山積みになっているね」と話していきます。

「早く移動するために道路沿いに置いているのだと思いますよ。」と返事はしますが、何もない村に置ききれない程の黒い物体の存在が目立ちすぎるのか?

こんな感じだったのですよ、と昔の農村風景の写真を見せると、きりがない程、昔話に花が咲きます。

早く元に戻る日を願うばかりです。

▽2007.10.05
▽2010.09.13
▽2015.12.28
 
Copyright(C) 2006 iitate-madei.com All rights reserved.