いいたて村のスローライフ
までいライフ宣言
いいたて村案内
  場所と概要
  施設
  飯舘村の様子
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
村づくりの特徴と主な事業
いいたて村案内
  お知らせ
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
お店情報
  2016
2015
2014
  2013
  2012
  2011
  イベント
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
  イベント報告
    2016
2015
2014
2013
2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
ふるさとへ帰りたい
  飯樋ふるさと芸能まつり
  大雷神社例大祭
  綿津見神社
  山津見神社
  村指定文化財
    草野地区
    関沢地区
    八木沢・芦原地区
    大倉地区
    八和木・前田地区
    大久保・外内地区
    比曽地区
    蕨平地区
    二枚橋地区
  歴史的建造物
    伊丹沢地区
    深谷地区
お休み中へ
組合案内
活動報告
  2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
  2008年度
  2007年度
  2006年度
情報履歴
  2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
  2008
  2007
いいたて村のリンク集
お休み中へ

移住のあれこれ
  行政情報
  村に移住したら・・・
  短期移住体験用住宅
  体験日記

相談会などのお知らせ
現在募集中の物件
  土地・建物
  貸家
  企業用地
実際の購入の流れ
不動産の取り扱いについて

までいもの
通販法表記

========================

いいたて村までい企業組合

▼郵便番号
960-1801
▼住所
福島県相馬郡飯舘村草野字大師堂65
▼電話
0244-68-2888
▼FAX
0244-68-2889
▼営業時間
月曜~金曜 8:30~17:00
▼休業日
土・日・祝日、夏季・年末年始
▼URL
http://www.iitate-madei.com
▼Mail
info@iitate-madei.com

(2008.6.10更新)
1.特に強調したい点
 村づくりとは単に所得・人口の増加を狙った「ミニ東京」を目指すのではなく、真に自分たちの力で、豊かな暮らしと地域社会を築き上げるというのが、本当の“村づくり”であると考える。
豊さの尺度は、外から与えられるものではなく自分自身の中にある。過疎地域で最も恐い問題は人口の減少ではなく、村民が自分たちの村を自分たちの力で興そうという「自立・自助」を失った「心の過疎」である。
2.村民主体の村づくり
 飯舘村第3次総合振興計画(昭和58年策定)、飯舘村第4次総合振興計画(平成6年策定)、飯舘村第5次総合振興計画(平成16年策定)においては、村民のあらゆる階層から多くの参画によって策定をしている。村の主要問題等についても村民の参画の機会を多く設け、いわゆる「役人の机上プラン」や民間コンサルタント任せを廃しており、特に家庭において生活の中心である青壮年や若い女性の参加に意をもちいている。各種審議会の女性の登用率は高い。
結果として、村民によって提案された施策や事業は、実行段階においても多くの村民の関わりにより実施されており、村民の村づくりに対する関心が高まっている。
3.地域づくり運動
 飯舘村には20の行政区があり、行政区を単位とした地域づくり運動を平成2年度から実施。
 第4次総合振興計画(平成7年~平成16年)では、地区の主体的な地域づくり事業に対し、1地区あたり1,000万円を限度として村が補助金を交付。
また、第5次総合振興計画では、従来の地域づくり事業(1地区あたり300万円を限度に補助金を交付)に加え、複数の地区が1つのテーマをもとに連携して取り組む事業にも1地区あたり200万円を限度に補助金を交付している。地域づくり運動を通して、住民の郷土愛や連帯感の助長が図られることが狙い。
4.村づくり推進協議会(新春村民のつどい、村の10大ニュース)
 昭和58年第3次総合振興計画策定時において、村の関係機関が協調した村づくりを推進するため、村・農協・商工会・森林組合等、村内の主要な団体の代表者で構成する「村づくり推進協議会」を結成。「新春村民のつどい」、「村まつり」等のイベントの開催を通し、村づくりの気運醸成や村民の協調性を図る役割を果たしている。
「新春村民のつどい」の中で、若者たちによるイベント「新春ホラ吹き大会」(昭和62年から平成10年まで)は、ユニークな村民発表のイベントとして村民に親しまれ、またマスコミ等にも取り上げられ全国的に知られた。
 さらに、昭和63年から村民投票で選ぶ村の10大ニュースを行なっている。
5.村民の自主的活動
 村民主体の村づくりにより、活動も活発化している。
○例1 いいたて夢創塾
   昭和61年に村内青年が村づくりや生き方について、自由に話し合える“集まり場”として結成された。会則も会費も決めていない。この塾の暗黙のルールは「人の足を引っ張らない」ことだけ。全国的に知られた「初夢披露(拾う)会」(通称:新春ホラ吹き大会)などの発想は、夢創塾の中から生まれた。
○例2 若妻の翼による活動
   村の若妻を対象とした海外研修事業「若妻の翼」が、平成元年から5年まで5回実施された。参加者の自主的な組織として「いいたてウィング19」、「愛リーベ’90」、「ハートinフラワー’91」、「コーネスコール’92」、「サンク・エール’93」をつくり、「若妻の翼」への参加によって得られた様々な感動等を綴った独自の本を発行したグループをはじめ、従来にはなかった女性活動が活発化しており、村のイメージアップや地域活性化に大きな役割を果たしている。
○例3 いいたて農の大地に生きる会
   平成7年に「食」を共通テーマに、生産者と消費者の交流の会として結成された。
福島市住宅団地(南向台団地)で毎週土曜日、村の新鮮な野菜等を出張直売する「ばんかた農市」は消費者に好評を博した。(平成16年度で事業終了)
○例4 食を考える会
   平成17年に「地域の食」に興味のある人たちが集まり結成された。
「もったいない、までい」の精神を子供たちに伝えるため、楽しく感性を磨きながら地域に広めようをモットーに、郷土料理の発掘とまめ料理の普及、そして食育を推進している。
 
6.センター地区形成事業
 飯舘村は昭和31年に町村合併法により、旧大舘村と旧飯曽村の2ヵ村が合併し誕生したが、“旧村意識”がなかなか解消せず、村勢振興の大きな難問であった。
第三次総合振興計画(昭和58年度策定)の際、特に青年層からの新しい村づくりの課題は、まず“旧村意識”を解消することが先決であり、そのため村のほぼ中央地区を開発した“センター地区構想”が提起され、これを組み入れた第三次総合振興計画が、村議会での全会一致と村民の大多数の合意により、昭和60年から「センター地区形成」事業がスタートし、現在役場庁舎、統合中学校、スポーツ公園、特別養護老人ホーム、ビレッジハウス、宅地分譲地が整備されている。
7.飯舘牛のブランド化
  昭和59年村商工会が“村おこしのシンボル”として「飯舘牛」を取り上げ、村・農協・商工会が一体となり「いいたてミートバンク」を結成、飯舘牛のブランド化に取り組んできた。
また、良質の肉用牛生産のため、平成7年から村独自で受精卵移植事業に取り組んでいる。その結果、子牛市場価格に好影響を与えている。
飯舘牛の牛肉直販施設「ミートプラザいいたて」は平成5年に開業、JAが経営。
8.ほんの森いいたて(ビレッジハウス 美囲杜)
 全国で初めての村営の書店。役場に隣接しているビレッジハウスの中にある。
ビレッジハウスは村民が気軽に立ち寄れる、新しい交流の場、ふれあいの場、くつろぎの場として設けられた。近くには中学校があり、生徒が自由に出入りし立ち読みできるなど、多くの人々に利用されている。
9.海洋アドベンチャースクール、いいたて発未来への旅
 多感な子どもたちに多くの感動体験の機会を設け、次代を担う人づくりの施策として、小学6年生を対象に「海洋アドベンチャースクール」を実施している。
○海洋アドベンチャースクール
   仙台~苫小牧往復のフェリーによる洋上生活体験と、北海道の大自然の中においての体験や現地の子どもたちと交流事業等を実施。
小学5年生対象の「いいたて発未来への旅」は平成15年度で事業を終了した。
○いいたて発未来への旅
   小型飛行機をチャーター、郷土を空から見つめる感動学習。
10.芸術鑑賞奨励事業(ハーフチケット)
 村に文化ホールや劇場等の施設がなく、日頃芸術鑑賞の機会に恵まれない村民に対し、他市町村の施設において芸術鑑賞をされた場合、チケット代金のうち3,000円を超えた額の半額を(上限5,000円)助成している。(平成20年度制度改変)
11.クオリティー・ライフ顕彰事業
 飯舘村で所得水準を都市部並みに上げることはかなり難しいが、都市に優るとも劣らない暮らし方がこの飯舘村にもあるはず。そうした飯舘村の立地条件や生活文化を生かし、豊かな暮らしや生き方を追求している“田舎の達人”を顕彰し、村づくりの目標である「質の高い暮らし(クオリティー・ライフ)」の達成へ向けて村民の関心を高めようとするもの。
(平成16年度で事業終了)
12.開かれた村政 ― 「村の予算書」
 村民向けに分かり易く編集した「村の予算書」を全戸配布(平成11~16年度)。
行政に対する関心を高めてもらうことが発行の目的。
(平成20年度予算から発行を再開した)
13.あいの俳句と美しい村づくり
 村民の森あいの沢の森林公園内に、平成17年~26年に全国応募の中から俳人黛まどか氏の選による俳句250句が特産品御影石に刻まれ、訪問者を迎えてくれる。
 平成18年度には写真句集「愛あふれる村いいたて」として、飯舘村の美しい風景と入選句を紹介した本を発刊した。(有償頒布中)
14.までいに育てる飯舘っ子応援事業
 新生児を持つ父親に村オリジナルの「父子手帳」を交付し男性が育児に関わる意識を啓発。また、次世代を担う子供の健全育成を図るため第3子以降に5万円の「いいたてまでい子育てクーポン」を交付。
 さらに「思いやり、たっぷり子育て応援事業」として企業等が男性社員に育児休暇を付与する制度を整備し、マタニティ・ライフ割引として飲食店や理美容店が割引券を発行、社員の「ないすパパ表彰制度」など、企業が村民の子育てを応援しようとする場合に支援している。
 さらに、園児や児童を放課後に「預かり保育、学童保育」を実施し、養育者が安心して就業できる環境を整備。「親のありがたみがわかる合宿通学事業」で小学生の時期に集団生活体験を通しての自立を促し、「やったね!の教育で生きる力をつける事業」を通して中学生が自ら考え企画し実践する事業を奨励し自立と責任感の醸成を図っている。
15.地域づくりの推進
 平成17年度から、《大いなる田舎までいライフいいたて》を掲げて第5次総合振興計画(平成17年~26年)を推進している中で、村内20の地域が自立計画する地域づくりの推進として「やるきつながりプラン」を策定した。
 現在、住民の代表による「やるきつながり推進協議会」で各地区が計画する事業を住民自らが査定し、地区別計画である「やるきプラン」と、地域連携計画としての「つながりプラン」が展開されている(平成26年まで)。
16.日本再発見塾in飯舘の開催
 「までい」~ていねいに生きてみる2日間~のテーマで第3回日本再発見塾は平成19年11月3~4日、村のいちばん館で開催された。昔ながらの日本の風情や文化が残る飯舘村で、『までい』をキーワードに日本の良さを再発見し地域を元気にしたいと県内外から150人が訪れ、村民250人と交流した。
 この塾の開催を呼びかけた俳人の黛まどかさん、上野 誠さん(万葉学者)、塩野 米松さん(作家)、高橋 世織さん(国文学者)、野崎 洋光さん(料理人)、富澤 貞身さん(料理人)、藤原 誠太さん(養蜂家)、蜂谷 宗苾さん(志野流香道家元後嗣)、増田 明美さん(スポーツジャーナリスト)、山村レイコさん(エッセイスト・国際ラリースト)ら、各方面で活躍する文化人10人も集合した。
※黛まどかさんインタビュー
「飯舘村は『までい』をきちんとやっている、独自の村づくりをしている所だと思う。平成の大合併の波にも飲まれず、オンリーワンの村づくりで物質的な豊かさだけを求めていない貴重な場所だと思う」
<全国表彰の受賞歴>
○昭和62年 畜産振興により自治大臣表彰
○平成 3年 過疎地域活性化優良事例表彰(国土庁長官賞)
○平成 9年 農業構造改善事業により農林水産大臣表彰
○平成17年 過疎地域自立活性化優良事例表彰(総務大臣賞)
17.「日本で最も美しい村」39村の中に加盟(2010年9月)
福島県相馬郡飯舘村が「日本で最も美しい村」に、2010年に34番目に加盟になりました。

2005年10月に7つの村からスタートし、小さくても輝くオンリーワンを持つ農山村が、自らの町や村に誇りを持って自立し、将来にわたって美しい地域であり続けるために、NPO法人「日本で最も美しい村」連合(事務局 北海道美瑛町政策調整室内)が、素晴らしい地域資源を持ちながら過疎にある美しい町や村が、「日本で最も美しい村」を宣言することで自らの地域に誇りを持ち、将来にわたって美しい地域づくりを行うこと、住民によるまちづくり活動を展開することで地域の活性化を図り、地域の自立を推進すること、また、生活の営みにより作られてきた景観や環境を守り、これらを活用することで観光的付加価値を高め、地域の資源の保護と地域経済の発展に寄与することを目的として活動しています。

「日本で最も美しい村」連合に加盟するための条件
<1> 人口が、概ね1万人以下であること
<2> 地域資源が2つ以上あること
  1 景観-生活の営みにより作られた景観をいう
  2 環境-豊かな自然や自然を活かした町や村の環境をいう
  3 文化-昔ながらの祭りや郷土文化、建築物などをいう
<3> 連合が評価する地域資源を活かす活動があること
  1 美しい景観に配慮したまちづくりを行っている
  2 住民による工夫した地域活動を行っている
  3 地域特有の工芸品や生活様式を頑なに守っている
パンフットはこちら(PDF)

詳細は、「日本で最も美しい村」ホームページを御覧下さい。
http://www.utsukushii-mura.jp
 
 
Copyright(C) 2006 iitate-madei.com All rights reserved.